Logical Skill の深い話
Logical Skill (特にLogical Writing) について、著書(たとえば、「論理が伝わる世界標準の書く技術」講談社)には書かなかった、より深い話を紹介します。
08 | 2017/09 | 10
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カスタマイズお断り
 私は、講座のカスタマイズを、承ることはありません。カスタマイズは、スキル習得上、何のメリットもないからです。

 時々、研修担当者が、自社向けのカスタマイズを要求してきます。たとえば、ライティング講座やディベート講座で、自社に関係した内容の文章やテーマを扱ってくれと。あるいは、内容が古いから、新しい内容にしてくれとか。

 私は、この手のカスタマイズをお断りしています。なぜなら、用意している文章やテーマは、学習効果を高められるよう、10年以上かけて練り込んできているからです。時には、講座の別の部分とつながりを持たせていたりもするからです。受講者に身近であるという理由だけで、文章やテーマを変えれば、学習効果が下がるだけです。

 たとえば、ロジカルライティング講座では、「ソニー社のAIBOを分析する」というテーマでレポートを作成する課題を使います。この課題は、ロジックを縦と横で組むことを学習するのに最適だからです。他のテーマの課題も持ち合わせはありますが、このテーマ以上に、ロジックを縦と横で組むことを学習するのに適したテーマはありません。

 しかし、研修担当の中には、「AIBOは古いので別のテーマに」と言ってくる人がいます。テーマの新旧は、文章の書き方と関係がありません。最新のトピックにしても学習効果に何の影響もありません。逆に、ロジックを縦と横で組むことを学習しにくくなるので、大きなマイナスです。

 ただ、学習したことの応用として、受講者がよく書く文章を引き合いに、説明を付け足すことはやります。
 
スポンサーサイト



プロフィール

ロジカルスキル研究所代表

Author:ロジカルスキル研究所代表
ロジカルスキルを企業研修で指導しています。主な講座は、ロジカルライティング、ロジカルネゴシエーション、ディベート、ロジカルプレゼンテーション、英文テクニカルライティングです。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム