Logical Skill の深い話
Logical Skill (特にLogical Writing) について、著書(たとえば、「論理が伝わる世界標準の書く技術」講談社)には書かなかった、より深い話を紹介します。
08 | 2017/09 | 10
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

アンケートに望むこと
 研修後、クライアント企業は研修のアンケートを取る。私は、以下の3つを希望したい。
1.アンケート結果で研修の継続の可否を決めない
2.評価は4段階
3.「講義は理解できましたか」と質問しない

アンケート結果で研修の継続の可否を決めない

 受講者の評価力を信用してはいけない。受講者は負荷の高い研修を嫌う。負荷を重くすれば評価は下がる。しかし、負荷が軽いならスキルは身につかない。評価する能力のない受講者もいる。無気力だただひたすら眠っている受講者。従来の手法に固執し、新しい手法を頭から否定する受講者。こういう受講者の評価は意味がない。

 受講者の評価はあくまで参考で、最終決定は人材育成責任者がすべきだ。責任者は、アンケートを参考に、その評価が正しいかを、自らの目で確認すべきだ。アンケート結果に不満が書かれていても、その研修が企業の力を高めるのに必要なら、責任者の裁量で継続すべきなのだ。

 研修継続の可否が、アンケートで決まると、講師は受講者に迎合する。研修の負荷は軽くする。内容も易しくする。意味のないワークを増やす。受講者のスキル習得が二の次になる。

評価は4段階

 評価の段階に「普通」を入れてはいけない。良いか悪いかを聞く。中庸を選択しに置くと、日本人は中庸を選びがちだ。真の姿が見えにくくなる。

「講義は理解できましたか」と質問しない

「講義は理解できましたか」に「No」と記入する社員は、理解できないことを放置したことを告白したことになる。つまり、自ら、「自分は無能です」と言ったのと同じだ。理解できないなら、なぜ、質問しないのか?同じようなこと聞くなら、「講義は理解しやすかったですか?」と聞いてほしい。
スポンサーサイト



プロフィール

ロジカルスキル研究所代表

Author:ロジカルスキル研究所代表
ロジカルスキルを企業研修で指導しています。主な講座は、ロジカルライティング、ロジカルネゴシエーション、ディベート、ロジカルプレゼンテーション、英文テクニカルライティングです。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム