FC2ブログ
Logical Skill の深い話
Logical Skill (特にLogical Writing) について、著書(たとえば、「論理が伝わる世界標準の書く技術」講談社)には書かなかった、より深い話を紹介します。
11 | 2018/12 | 01
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

自分一人でもフィードバックを得る方法
 文章力を向上させるには、フィードバックが必要だ。しかし、文章力のある第三者がいなければ、フィードバックは得られない。でも、自分一人でもフィードバックを得る方法が実はある。

 正しく書けているかのフィードバックがないと、文章を書く力の上達は難しい。フィードバックない状態で文章を書くということは、野球の練習で、真っ暗闇の中で無感覚の人間がボールを打っているようなもんだ。バットにボールがあたったのか、ボールはどこに飛んだのか、が分からないなら(フィードバックがないなら)、バッティングが向上するはずもない。同様に、自分の文章が良いか悪いかのフィードバックがないと、上達は難しいだろう。

 正しく書けているかは、書き手では判断しにくい。たとえば、「1つのパラグラフでは1つのトピック」というルールを知っていても、自分の書いたパラグラフが、1つのトピックだけを述べているかは、書き手が素人なら判断しきれない。「パラグラフの先頭にトピックセンテンスを書く」も、先頭文がそのパラグラフを的確に総括しているかは、やはり素人では判断しきれない。

 フィードバックしてくれる第三者もいないし、自分でも判断できないとなると、文章力の向上は難しい。その結果、ルールは知っているが、そのルールに基づかない文章を書いていて気がつかない。おかしな文章が氾濫する。書いた本人は、ルールを守ったつもりでいるのだから、おかしな文章とも思ってはいない。

 正しく書けているかを、書き手が判断する効果的な方法は、「パラグラフの先頭文でロジックが通るかどうか」を確認することだ。パラグラフはロジックの構成単位だ。そのトピックを正しく1文目で表明してあるなら、1文目だけでロジックを構成するトピックをすべて抽出できる。だから、1文目だけ読んで、ロジックが成立する。パラグラフの先頭文でロジックが通るなら、1つのパラグラフで1つのトピックを述べ、かつ、そのトピックを1文目で述べた証拠となる。

 さらに、プラスの方法として、「パラグラフの先頭文だけで、既知から未知に流れるかどうか」もチェックするといいだろう。書き手は、書いていないことまで頭に置いているので、おかしな文章でも、「ロジックが通る」と勘違いすることもある。これを防ぐために、既知から未知に流れも確認する。書き手の頭にだけある情報を使うと、未知な情報が文頭に来る。こういう文章は、書き手には違和感がなくても、読み手は理解できない。

 まあ、このチェックをクリアできる文章を見ることは、10年に1度くらいだが。
スポンサーサイト



プロフィール

ロジカルスキル研究所代表

Author:ロジカルスキル研究所代表
ロジカルスキルを企業研修で指導しています。主な講座は、ロジカルライティング、ロジカルネゴシエーション、ディベート、ロジカルプレゼンテーション、英文テクニカルライティングです。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム