FC2ブログ
Logical Skill の深い話
Logical Skill (特にLogical Writing) について、著書(たとえば、「論理が伝わる世界標準の書く技術」講談社)には書かなかった、より深い話を紹介します。
05 | 2019/06 | 07
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

主張には根拠が必要
 主張を述べたら根拠が必要です。しかし、根拠無く主張する人は、知識人にも結構います。根拠を持った主張するためにも、パラグラフという概念は重要です。

 知識人の書いた本であっても、根拠ない主張をよく目にします。たとえば、齋藤孝明治大教授は、週刊ダイヤモンド(2005.6.11)の「説得力」記事の中で、「ディベートでは往々にして、立場を変えていかようにでも議論できることを求める。しかし、自分の価値基準を離れて論理構成をするという習慣を身につけるのは決して好ましくない。」とだけ述べて根拠は述べていません。なぜ、「好ましくない。」のかを述べていないのです。

 根拠なく述べてよい主張は、その主張を誰もが肯定する場合だけです。たとえば、「主張を述べたら根拠が必要です」や、「世界人類が平和でありますように」のような主張です。なぜ根拠が不要かといえば、根拠など述べなくても、主張を聞いた側は同意するからです。根拠は、同意してもらうための情報なのです。同意する人しかいないなら、根拠を述べる必要はありません。ですから、先の例でも、その主張に異論を唱える人を前提に述べるなら根拠が必要です。

 根拠なしに主張してしまう原因の一つが、パラグラフを使わずに文章を書いていることです。パラグラフを意識せずに、文章を文で書くと、1文だけでも次のトピックに移れます。主張だけでも文はつながるので、根拠を述べなくなります。1,2文で次々改行するような文章を書くと、根拠のない主張が登場します

 一方、パラグラフで文章書くと根拠述べずにはいられません。なぜなら、パラグラフはトピックセンテンス+サポートセンテンスで構成するからです。主張であるトピックセンテンスだけではパラグラフになりません。しかも、サポートセンテンスは4文程度は必要なので、必然的に根拠が厚くなります。文章を論理的にするためにもパラグラフは重要なのです。
スポンサーサイト



プロフィール

ロジカルスキル研究所代表

Author:ロジカルスキル研究所代表
ロジカルスキルを企業研修で指導しています。主な講座は、ロジカルライティング、ロジカルネゴシエーション、ディベート、ロジカルプレゼンテーション、英文テクニカルライティングです。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。