FC2ブログ
Logical Skill の深い話
Logical Skill (特にLogical Writing) について、著書(たとえば、「論理が伝わる世界標準の書く技術」講談社)には書かなかった、より深い話を紹介します。
03 | 2019/04 | 05
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蔵書の電子化
 私は、1,000冊以上のビジネス書を、ほぼ全て電子化している。大変な作業だが、メリットは大きい。

 数年前、意を決して電子化を始めた。本をカッターで裁断し、スキャナで電子データ(PDF)にする。さらに、OCRで文字情報を追加した上で圧縮する。コツコツと数ヶ月かけて、蔵書を電子化した。

メリット1:
 検索できる。書籍内はもちろん、書籍間だって検索できる。あることを調べたいとき、キーワードで検索すれば、そのキーワードを本文中に持つ全ての本とページが特定できる。私は、このFacebookで人の本を引用することがあるのも、この検索機能のおかげだ。

メリット2:
 拡大して読める。私は、ビジネス書は原則、13インチのiPad proで読む。新書サイズもA4サイズになる。老眼鏡なしでも読める。

メリット3:
 持ち運べる。1,000冊以上が1枚の ICカードに収まる。全てをクラウドにもあげられる。いつでもどれでも読める。おかげで、読み直した本も多い。

メリット4:
 家のスペースが空く。1,000冊もあれば、本棚がいくらあっても足りない。私は、半間の本棚を1つ持っているだけだ。しかも、半分程度のスペースは、本以外を収納している。我が家は木造住宅だが、家の歪みや床抜けも心配せずにすむ。

メリット5:
 平面に表示できる。紙なら、あるページを開いた状態で置いておくのは難しい。開いたら手で押さえておく必要がある。電子化すればタブレットで表示できるので平面だ。教科書を開きながら、ノートを取ることもできる。

 さあ、あなたも蔵書を電子化しましょう!
スポンサーサイト



プロフィール

ロジカルスキル研究所代表

Author:ロジカルスキル研究所代表
ロジカルスキルを企業研修で指導しています。主な講座は、ロジカルライティング、ロジカルネゴシエーション、ディベート、ロジカルプレゼンテーション、英文テクニカルライティングです。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。