FC2ブログ
Logical Skill の深い話
Logical Skill (特にLogical Writing) について、著書(たとえば、「論理が伝わる世界標準の書く技術」講談社)には書かなかった、より深い話を紹介します。
03 | 2019/04 | 05
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

受動態か能動態かではなく、何を中心に述べるかだ
 以前にも書きましたが、受動態か能動態かは、何を中心に述べるかで決まるのです。「受動態は避ける」は古い理論です。

 たとえば、次の2つの文を比べてみましょう。
1.山田一郎氏は、1980年にABC社を設立しました。
2.ABC社は、1980年に山田一郎氏によって設立されました。

 この2つの文では、中心が異なります。1は、山田一郎氏について説明しているのです。2は、ABC社について説明しているのです。受動態か能動態かではありません。何について説明したかによって態は変わるのです。

 確かに、「受動態は避ける」と昔は言われていました。30年ほど前はこの考えが主流でした。しかし、今では、態は文の中心によって変わるが、テクニカル・ライティングの主流です。

 今だに「受動態は避ける」と主張してしまうのは、思考せずに鵜呑みにしているのです。「昔読んだ本に書いてあったから」という理由だけで、考えることなく鵜呑みにしているのです。なぜ、「受動態は避ける」べきかを、自分では考えていないのです。

 思考していない例を以下に示します。出典は『入門テクニカルライティング』(IT委員会 著)です。

---引用---
●受動文より能動文を
一般に受動文より、能動文の方が説得力があります。それゆえ、なるべく能動文を使用すべきです。
たとえば、
[PrintScrn]キーが押されると、画面表示がプリンタに出力される。
という文章は、次のように書換た方がよいでしょう。[PrintScrn]キーを押すと、画面表示がプリンタに出力される。
---引用---

 「受動文より、能動文の方が説得力があります」って根拠は?なぜ、受動文より能動文の方が説得力があるのでしょう。私は、受動文より能動文の方が説得力があるなんて感じたことはありません。根拠が根拠になっていないのは、思考できない人の特徴です。

 この書き換えの例文は、なぜ、文の後半も能動態にしないのでしょう。文の前半は能動態ですが、文の後半は受動態です。自分が示した例文が、自分の主張と矛盾していることに気づいていません。

 書き換えの例文のほうが説得力があるのでしょうか?2つの文をどう感じるかは別として、説得力があるとは感じられません。このことは、根拠を述べるまでもなく、多くの方が同様の感想を持つでしょう。ならば、「受動文より、能動文の方が説得力があります」という根拠が。根拠になっていないことを自己証明してしまっています。

 この2つの文は、文の中心に何を置くかで、両方ともアリです。「[PrintScrn]キーが押されると、画面表示がプリンタに出力される」は、ソフトウェア開発者が中心に置かれているのです。一方、「[PrintScrn]キーを押すと、画面表示がプリンタに出力される。」は、ソフトウェアユーザーが中心に置かれているのです。どちらが良いか悪いかではなく、誰に向かって書いているかです。
スポンサーサイト



プロフィール

ロジカルスキル研究所代表

Author:ロジカルスキル研究所代表
ロジカルスキルを企業研修で指導しています。主な講座は、ロジカルライティング、ロジカルネゴシエーション、ディベート、ロジカルプレゼンテーション、英文テクニカルライティングです。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。