FC2ブログ
Logical Skill の深い話
Logical Skill (特にLogical Writing) について、著書(たとえば、「論理が伝わる世界標準の書く技術」講談社)には書かなかった、より深い話を紹介します。
11 | 2018/12 | 01
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

道順を説明する
 突然ですが、「下記の地図を参考に、『You are here.』から『Goal』までの道順を説明してください」と言われたら、どんな説明をするでしょうか?

 多くの人は、「この道を北にまっすぐ行って、突き当たりを左に」のように始めるのではないでしょうか?

 分かりやすい説明は、「Goalまでは、北西に歩いて十分ぐらいです。角を全部で三回曲がります。まず、この道を北にまっすぐ行って、」のように始めます。

 先に全体像を示すと分かりやすくなります。最初に、Goalへの方向と距離感を掴めます。1つめの角の説明の時には、全体の2-3割、3つめの角なら7-8割と当たりがつきます。絶えず全体像を頭に置きながら、今の説明が全体のどのあたりに相当するかを意識できます。また、この説明がどう続くかを予測しながら聞けるのです。

 一方、いきなりの詳細説明はわかりにくいです。3つめの角の説明でも、それが全行程の1割なのか9割なのかわかりません。この説明が、このあとどのくらい続くかも予想できません。全体が見えないまま、先が見えないまま、細かい話を聴き続けるのはつらいのです。

 しかし、人は、つい詳細から道順を説明します。なぜなら、説明する側の頭には、全体像があるからです。今、自分が全体のどこを説明し、あと何をどのくらい説明しないといけないかは、説明する側は知っているのです。だから、詳細から道順を説明しても、説明する側は何も困りません。

 発信者と受信者は持っている情報が違うのです。しかし、発信者側はそのことを気づかずに説明してしまうのです。最初に全体像やポイントを示すことは大事です。

 なお、この文章では意図的に、最初に全体像やポイントを示していません。その理由は、もちろん、最初の質問の効果的になるようにです。
map.jpg
スポンサーサイト



プロフィール

ロジカルスキル研究所代表

Author:ロジカルスキル研究所代表
ロジカルスキルを企業研修で指導しています。主な講座は、ロジカルライティング、ロジカルネゴシエーション、ディベート、ロジカルプレゼンテーション、英文テクニカルライティングです。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム