FC2ブログ
Logical Skill の深い話
Logical Skill (特にLogical Writing) について、著書(たとえば、「論理が伝わる世界標準の書く技術」講談社)には書かなかった、より深い話を紹介します。
11 | 2018/12 | 01
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

「が、」「り、」「し、」「て、」で文と文をつながない
「が、」「り、」「し、」「て、」で文と文をつないではいけません。

 文と文をつなぐ「が、」を使わないのは、順接と逆接の両方の意味が可能だからです(下記の例参照)。しかも、順接か逆接かは、「が、」以降を読まないと特定できません。それだけわかりにくく、読み手に負担のかかる表現なのです。
 順接:先日、A氏の還暦祝いの会が催されたが、B氏がそこで重大発表をした。(順接)
 逆接:先日、A氏の還暦祝いの会が催されたが、B氏は参加しなかった。(逆説)

 特に、順接の「が、」は使う意味がありません。使わないようにしましょう。私は、「生涯使うまい」と心に誓っているぐらいです。順接の「が、」を使った文は、使わない文に直せるのです(下記参照)
 例:先日、A氏の還暦祝いの会が催された。その会で、B氏は重大発表をした。
 例:先日催されたA氏の還暦祝いの会で、B氏は重大発表をした。

 同様に、「『り、』『し、』『て、』も使うな」と私は指導しています。これらの接続は、ほとんど場合、意味のない接続か、意味を込めた接続だからです。
 例:偽造写真広告は技術の責任でなく、ルール違反行為であって、技術と行為は明確に区別されなければならない。(切ればよいだけの意味のない接続)
 例:偽造写真広告は技術の責任でなく、ルール違反行為であって、技術ではなく行為の規制が必要となる。(原因結果という意味を込めた接続)

 この「『が、』『り、』『し、』『て、』で文と文をつながない」は、「一文一義」や「文を短く」と同意です。「が、」「り、」「し、」「て、」で文と文をつなぐから、一文多義になるのです。あるいは、文が長くなるのです。「一文一義」や「文を短く」のできていないサインが、「が、」「り、」「し、」「て、」なのです。私は、「一文一義」という抽象的なお題目も使います。しかし、より具体的に「『が、』『り、』『し、』『て、』で文と文をつながない」と強調します。

 ちなみに、上記の文章で「が、」「り、」「し、」「て、」で文と文をつないでいるところはありません(例文を除く)。
スポンサーサイト



プロフィール

ロジカルスキル研究所代表

Author:ロジカルスキル研究所代表
ロジカルスキルを企業研修で指導しています。主な講座は、ロジカルライティング、ロジカルネゴシエーション、ディベート、ロジカルプレゼンテーション、英文テクニカルライティングです。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム