FC2ブログ
Logical Skill の深い話
Logical Skill (特にLogical Writing) について、著書(たとえば、「論理が伝わる世界標準の書く技術」講談社)には書かなかった、より深い話を紹介します。
11 | 2018/12 | 01
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

代案の3条件
 代案は、下記の3つの条件を満たしていなければなりません。しかし、このことを意識できない人は多いです。
 1.原案と異なる
 2.原案より優れている
 3.原案とは同時に実行できない

1.原案と異なる
 説明するまでもなく当たり前です。原案と同じでは代案にはなりません。原案のわずかな改良では代案とは呼びません。

2.原案より優れている
 説明するまでもなく当たり前です。原案より劣っている代案を採用する意味はありません。

3.原案とは同時に実行できない
 原案と代案が同時にできるなら、「両方実行しましょう」となって、原案を否定できません。

 実は、「3.原案とは同時に実行できない」を意識できない人は多いです。

 たとえば、大阪市が、学力テストの結果を教師のボーナスに反映させる方針を出したときのことです。この方針に反対するあるグループが、「学力は貧困との相関・因果関係が強い。大阪は相対的貧困率のが全国でもワーストに近い。相対的貧困率の改善をすべきだ」と主張していました。「それでは、相対的貧困率の改善も図りましょう。学力テストの結果を教師のボーナスに反映させることもしましょう」と言われておしまいです。

 ちなみに、代案が「原案とは同時に実行できない」ことを立証するのは、代案を出した側です。言い出した側が立証責任を負うのです。ただし、同時に実行できないことが、言うまでもなく当たり前なら、立証する必要はありません。

 なぜ、「3.原案とは同時に実行できない」を意識できないかと考えると、言い出した側は代案を出した意識がないからかもしれません。先の例で言えば、大阪市の方針に反対するグループは、反論したのであって、代案を出したつもりではいないのかもしれません。

 もうすこし、議論を勉強してほしいものです。

 注)私は、学力テストの結果を教師のボーナスに反映させる方針に賛成しているのではありません。
スポンサーサイト



プロフィール

ロジカルスキル研究所代表

Author:ロジカルスキル研究所代表
ロジカルスキルを企業研修で指導しています。主な講座は、ロジカルライティング、ロジカルネゴシエーション、ディベート、ロジカルプレゼンテーション、英文テクニカルライティングです。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム