FC2ブログ
Logical Skill の深い話
Logical Skill (特にLogical Writing) について、著書(たとえば、「論理が伝わる世界標準の書く技術」講談社)には書かなかった、より深い話を紹介します。
08 | 2018/09 | 10
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

クリティカルシンキング講座の体験報告(3)
 先日、グ〇ービス社のMBAクリティカルシンキング講座を1時間体験してきた。この講座をクリティカルにシンキングする第三弾。

 第二学習ポイントの「枠組みで考える(フレームワーク思考)」で、「A事業に進出したい。どんな点を押さえるか?」というテーマが出た。グループワークでの討議となる。

 まず、出題がアバウトすぎて、何を討議すればよいのかわからない。フレームワーク思考の勉強だから、メンバーからはいくつかのフレームワークが示された。何を深めてよいかわからない。
 3C(Customer, Company, Competitor)
 4P(Place, Price, Product, Promotion)
 SWOT分析
 人、モノ、金、(情報)

 ここで、講師が「儲かるか?」以外の視点はないかと指摘してきた。つまり、「儲かるか?」とは別の視点でフレームワークを作れということだ。

 私は、以下の3つの視点を示した。この3視点はいいフレームワークと思う。実際、多くの企業の基本方針は、この3つでできている。
1.お客様のため(=会社利益)
2.社会のため
3.従業員のため

 講師の出してきたフレームワークは以下の3つだった。
1.儲かるか?
2.自社ができるか?
3.自社がやるべきか?

 この答えに私はかなり不満だ。なぜなら「儲かるか?」は「自社ができるか?」を完全に含んでいる。この場合、「儲かるか?」の主語は「当社」に決まっている。「儲かる」=「自社ができる」に決まっている。これではフレームワークにならない。

 講師は、フレームワーク思考を正しく理解しているのか?
それとも、私が何か勘違いしているのか?
スポンサーサイト



プロフィール

ロジカルスキル研究所代表

Author:ロジカルスキル研究所代表
ロジカルスキルを企業研修で指導しています。主な講座は、ロジカルライティング、ロジカルネゴシエーション、ディベート、ロジカルプレゼンテーション、英文テクニカルライティングです。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム