FC2ブログ
Logical Skill の深い話
Logical Skill (特にLogical Writing) について、著書(たとえば、「論理が伝わる世界標準の書く技術」講談社)には書かなかった、より深い話を紹介します。
03 | 2019/04 | 05
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリティカルシンキング講座の体験報告(1)
 先日、グ〇ービス社(この伏字じゃあ、どこだかまるわかりだ)のMBAクリティカルシンキング講座を1時間体験してきた。色々感じることがあるが、今日はグループワークについて。

 この会社は、講義でグループワークを重視している。そのホームページにも、次のような記載がある。
「グロービスの授業では、グループディスカッションや相互フィー ドバック、クラス全体でのディスカッションを通じて、自分の思考プロセスを客観的に振り返る機会が数多く設けられています。」

 私の研修でも、グループワークが効果的と思うときは、グループワークを使う。たとえば、以下のような場合。
 ・ディベートやネゴシエーションのように、一人ではできない演習
 ・正解のない問題を検討するのにあたり、ほかの人の切り口が参考になる場合

 しかし、今回の講座のグループワーク:「メンバーで共通することを5つ見つけてください」がどうにも理解できない。なんだこのテーマ?このテーマをグループで話し合う意図がわからない。答えは「目が二つある」でもいいのか?ちなみに、このグループワークはアイスブレークではない。すでに、アイスブレークを兼ねた自己紹介などは終わっている。案の定、「日本人」とか、どうしていいのかわからない答えが出てくる。クリティカルシンキング講座なのに、この非論理性は何?

 さらに次のテーマが、「共通する項目をブレークダウンして、より具体的な項目を見つけ出してください」は無理。このテーマの意図は、「全員が酒好き」という共通する項目を見つけたら、さらに「全員がビール好き」のようにブレークダウンしてほしいらしい。しかし、メンバー全員が同じはそう簡単ではない。結局、全グループが1つとしてブレークダウンできなかった。

 結局、このグループワークの意図は、受講者には全く伝わらなかった。講師は、「抽象から具象、具象から抽象に、自由に発想を行き来できることが、クリティカルシンキングでは大事」ということを言おうとしたかったらしい。しかし、このグループワークでは、そんなことは理解できなかった。いや、そもそも、「抽象から具象、具象から抽象に、自由に発想を行き来できることが、クリティカルシンキングでは大事」ということを伝えようとしていたことすら、受講者は気が付かなかったろう。なにしろ、このまとめは、テキストにもスライドにも登場しない。私が、「ペン先から煙が出る速度で」ノートをとっていたから、メモできたのだ。

 なぜ、こんなバカな講義が行われるかというと、講師が未熟だからだ。この会社の講義は、教科ごとにテキストは決まっていて、複数の講師が担当する。講師は、その教科を少し勉強しただけで、人が作ったテキストとプログラムに基づいて講義を行う。まあ、業界でいう「しゃべくり講師」だ。話し方は上手でも、教科に関するスキルは浅い。このテーマでグループワークをすると決まっているので、意味があるかは思考せずに、ただグループワークをやっているのだ。

 オープニングからいきなり、「なんだこれ?」と思いつつ、次回に続く。
スポンサーサイト



プロフィール

ロジカルスキル研究所代表

Author:ロジカルスキル研究所代表
ロジカルスキルを企業研修で指導しています。主な講座は、ロジカルライティング、ロジカルネゴシエーション、ディベート、ロジカルプレゼンテーション、英文テクニカルライティングです。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。