FC2ブログ
Logical Skill の深い話
Logical Skill (特にLogical Writing) について、著書(たとえば、「論理が伝わる世界標準の書く技術」講談社)には書かなかった、より深い話を紹介します。
08 | 2018/09 | 10
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

価値観は議論してはならない
 価値観を議論してはいけません。価値観は認め合うしかないのです。議論が価値観に及び始めたら、議論をやめるべきです。

 価値観は議論の対象としては不向きです。なぜなら、価値観は論理ではないから。たとえば、「ビールは苦いから嫌い」と思う人に、どんなに理屈を費やしても、「ビールは苦いから美味しい」には変えられません。だから、好きか嫌いかのような価値観は、理屈で議論してはいけないのです。

 ディベートでも、価値論題は上級者しか扱いません。たとえば、「ペットは幸せか」という論題は避けられるのが一般的です。なぜなら、「幸せ」という価値観は理屈ではないからです。贅沢できるのが幸せか、〇〇できるのが幸せかは、理屈ではありません。その人の価値観です。議論の対象には向きません。

 価値観を議論し始めると、喧嘩になりやすいです。価値観は議論で変わったりすることはありません。まして、その価値観が、好き嫌いではなく、心のよりどころや信条だったりすれば、議論で変わるはずもありません。心のよりどころや信条に反対されると、喧嘩になります。だから、雑談においても、宗教や政治の話はするなといわれます。心のよりどころや信条にかかわるからです。

 価値観は受け入れるしかありません。「ああ、この人はこういう人なんだ」と受け入れるのです。受け入れた上でつきあうのです。たとえば、LGBTの人は、大勢の人とは異なる価値観を持っているだけです。その価値観は、議論するのではなく、受け入れるのです。

 では、その価値観を受け入れられないときは … その場を去るのです。その人が配偶者や兄弟なら、うやむやにして別の部屋で別のことを始めるのです。その人が、友人や仕事関係の人なら、距離を置くということです。議論してはいけません。

 だから私は、結婚相手を選ぶときに最も重視すべきことはと聞かれれば、「価値観」と答えます。
スポンサーサイト



プロフィール

ロジカルスキル研究所代表

Author:ロジカルスキル研究所代表
ロジカルスキルを企業研修で指導しています。主な講座は、ロジカルライティング、ロジカルネゴシエーション、ディベート、ロジカルプレゼンテーション、英文テクニカルライティングです。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム