FC2ブログ
Logical Skill の深い話
Logical Skill (特にLogical Writing) について、著書(たとえば、「論理が伝わる世界標準の書く技術」講談社)には書かなかった、より深い話を紹介します。
11 | 2018/12 | 01
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プレゼンテーションの改善 その2
 昨日、早稲田大学エクステンション講座「12時間で学ぶMBAエッセンス」をテーマに、2枚のスライドの問題点を指摘した。そこで、今日はその改善策を示す。

 まず、「人材マネイジメント」の定義を考え直す。思考のポイントは、昨日指摘したように「管理」と「戦略に適合した組織を構築すること」の関係だ。さらに、この定義が、この後に続く5つの視点や2つのアプローチとつながっていなければならないということだ。「人材マネイジメント」の定義と、その後に続く説明がばらばらでは論理性を欠く。

 そこで、「人材マネイジメント」の定義を「中長期の戦略を実現する力を有する社員を育成すること、および、その社員が力を発揮できる組織を構築すること」とした。まず、「管理」=「戦略に適合した組織を構築すること」ととらえた、なぜなら、昨日説明したように、そうとらえないと説明に無理が生じるからだ。次に、「管理」という抽象的な表現ではなく、「戦略に適合した組織を構築する」というより具体的な表現を使った。ちなみに「採用」は削除した。なぜなら、このあと「採用」の話はほとんど出てこないからだ。

 この「人材マネイジメント」の定義の中に、5つの視点と2つのアプローチにつながる内容を織り込んだ。社員の育成は、「仕事を進めていく過程ごとに」として、このあとの5つの視点につなげる。組織の構築は、「制度と感情の両面で」として、同じく2つのアプローチへとつなぐ。後ろの説明との明確な接続が論理性を生む。

 補足として、「人材マネイジメント」の注意点を加えておいた。この注意点は、授業ノートでメモした内容と、オリジナルのスライドに書かれていた内容だ。2つの注意点にも関係性を持たせてある。「労働市場の流動化や社会構造の変化も考慮」だけでは、何に対しての注意か分からないから。

 次のスライドの5つの視点を説明する上で大事なのは、この5つがモレもないダブりもない(MECE)であることを示すことだ。業務は、目標設定→業務遂行→成果評価→次の仕事というプロセスの繰り返しだ。そこで、先のスライドで述べたように「仕事を進めていく過程ごとに」に視点を設ければMECEとなる。ここに私生活を絡めれば、WLBも織り込める。5つの視点の右側には、考慮すべきポイントを、可能な限り並列感が出るよう示した。

 次のスライドの2つのアプローチの説明でも、大事なことはMECEであることを示すことだ。オリジナルのスライドのように、「組織設計と社員の動機付け」ではMECE感はまるでない。そこで、Hardware(制度)とSoftware(感情)とすることで、すこしはMECE感が出る。十分とは言えないが、オリジナルよりかなりましだ。

 ちなみに「人材マネイジメント」の歴史上、組織設計→動機付けという流れになっている。このことは、「ホーソンの実験」という話で、講義中に説明がある(授業ノートに書いてある)。そのこともおまけとして付け加えておいた。

 あとは、2つのアプローチの説明を揃える。つまり、箇条書きの大項目から小項目に行くに従って、両アプローチともブレークダウンする。オリジナルのスライドでは、「動議付け」という言葉が重複している。正しくブレークダウンすれば、このような重複は生じない。

 「人材マネイジメント」の定義と、5つの視点と2つのアプローチがつながっていることも明示的に示す。5つの視点と2つのアプローチのスライドでは、先頭で「〇〇するために」と、「人材マネイジメント」の定義をしたスライドで使用した言葉を使っている。スライド間の接続は、このように明示しなければならない。内容か読み取らせようとしても、読み取れない聴衆が必ずいる。

 このあと説明は、「まとめノート」のトライアルで使った「組織における重大3要素」へとつながるのだが、この接続が苦しい。つまり、「人材マネイジメント」の定義と、5つの視点と2つのアプローチはつながっているのだが、これに続けて「組織における重大3要素」を説明する流れが作れない。今のところ改善策も私の頭には浮かばない。

 論理的な説明なら、このあとは「人材マネイジメント」の方法を、5つの視点ごとに、2つのアプローチをはっきり意識して説明することになる。そうでないなら、何のために5つの視点や2つのアプローチを示したのか分からない。「人材マネイジメントには、5つの視点と2つのアプローチがあります。ところで、話は変わりますが人材マネイジメントでは」では、論理性もへったくれもない。

 しかし、実際の講義では、このあとの説明で、5つの視点も2つのアプローチも明示的に登場しない。やれやれ。

MBA_改1


MBA_改2


MBA_改3
スポンサーサイト



プロフィール

ロジカルスキル研究所代表

Author:ロジカルスキル研究所代表
ロジカルスキルを企業研修で指導しています。主な講座は、ロジカルライティング、ロジカルネゴシエーション、ディベート、ロジカルプレゼンテーション、英文テクニカルライティングです。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム