FC2ブログ
Logical Skill の深い話
Logical Skill (特にLogical Writing) について、著書(たとえば、「論理が伝わる世界標準の書く技術」講談社)には書かなかった、より深い話を紹介します。
09 | 2018/10 | 11
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プレゼンテーションの改善 その1
 先日、早稲田大学エクステンション講座「12時間で学ぶMBAエッセンス」をテーマに「まとめノート」作成のトライアルをしてみた。こうやって「まとめノート」を作成しようとすると、オリジナル講義の論理的な問題点がたくさん目に付く。そこで、今日は、この問題点を洗い出してみよう。

 ターゲットは、下記に示す2枚のスライド。「12時間で学ぶMBAエッセンス」の中から「人材マネイジメント」という科目における、最初の2枚だ。この2枚は、先日「まとめノート」のトライアルをした「組織とは」というスライドの直前に位置する。

<1枚目>

 まず、1文目にある人材マネイジメントの定義がダメだ。「人材マネイジメントとは…管理する」では、循環定義だ。循環定義とは、ある概念を定義するためにその概念自体(=定義しようとしている言葉)を用いることだ。「マネイジメント」=「管理」だろ。英語を日本語にしただけで循環している。そもそも、「人材マネイジメントとは…管理する」では、日本語になっていない。

 さらに、「採用」「育成」は分かるとして、「管理」がそもそどんな行為を指しているのか分からない。「管理」とは何かを考えていくと、すぐ下に「人材を採用・育成しつつ、戦略に適合した組織を構築する」とある。ということは、「管理」とは「戦略に適合した組織を構築する」ことか?もし、「管理」=「戦略に適合した組織を構築すること」なら、なぜ、同じことを繰り返しているのか?もし「管理」≠「戦略に適合した組織を構築すること」なら、この2つの文で整合が取れない。どちらにしても論理性に欠ける。

 また、「戦略に沿った組織設計と社員の動機付けを考える」も唐突で論理性に欠ける。ここに書かれた人材マネイジメントの定義から、なぜ、「戦略に沿った組織設計と社員の動機付けを考える」と言えるのか?根拠もなしに、「人材マネイジメントでは、組織設計と社員の動機付けを考える」と言われても、「はいそうですか」とは思えない。

 さらに、その後の「人材マネジメントを考える5つの視点」も唐突で論理性に欠ける。この5つの視点はどこから導き出されたのか?先に述べた「戦略に沿った組織設計と社員の動機付けを考える」と関係はあるのか?関係があるなら、その関係を示さなければならない。関係がないなら非論理的だ。

 また、この5つの視点はモレもなくダブりもない(MECE)と言えるのか?6つ目の視点はないのか?ないなら、なぜないと言えるのか?

<2枚目>
 この2つのアプローチも唐突だ。1枚目に述べた「戦略に沿った組織設計と社員の動機付けを考える」につながっていることは分かる。しかし、そもそも「戦略に沿った組織設計と社員の動機付けを考える」が唐突なだけに、2つのアプローチを説明されても、「この2つのアプローチが重要だ」とは思えない。

 また、この2つのアプローチはMECEと言えるのか?3つ目のアプローチはないのか?ないなら、なぜないと言えるのか?

 さらに、言葉の使い方もいい加減だ。1枚目では「目的」となっていたことが、2枚目では「目標」となっている。同じことを指していると思われるが、言葉を変えてはいけない。そもそも別科目で目的と目標は異なると学習している。言葉の使い方という意味では他にも、「戦略に沿った組織設計と社員の動機付けを考える」と言ったのに、2枚目のスライドは、「構造アプローチ」と「動機づけアプローチ」となっている。「戦略に沿った組織設計と社員の動機付けを考える」を受けて、「構造アプローチ」ではなく「組織設計アプローチ」とすべきだ。さらに、「動機づけアプローチ」を右にたどると、「欲求動機の高揚を考える」と、ただの繰り返しになっている。ここは、「構造アプローチ」の右の説明が「組織設計を考える」とあるように、「動機づけアプローチ」の右の説明は、「動機づけアプローチ」をブレークダウンしなければならない。

 わずか2枚のスライドだが、このように論理的に分析していくと、論理的な問題が山ほど見つかる。そこで改善だが、それは次回。

MBA_org2.jpg


MBA_org3.jpg
スポンサーサイト



プロフィール

ロジカルスキル研究所代表

Author:ロジカルスキル研究所代表
ロジカルスキルを企業研修で指導しています。主な講座は、ロジカルライティング、ロジカルネゴシエーション、ディベート、ロジカルプレゼンテーション、英文テクニカルライティングです。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。