Logical Skill の深い話
Logical Skill (特にLogical Writing) について、著書(たとえば、「論理が伝わる世界標準の書く技術」講談社)には書かなかった、より深い話を紹介します。
06 | 2018/07 | 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「まとめノート」のトライアル その3
 早稲田大学エクステンション講座「12時間で学ぶMBAエッセンス」の「まとめノート」作成をトライアルしています。PowerPointを使った「まとめノート」作成を考えてみました。

 私が学生時代、「まとめノート」は完全に手書きでした。まあ、ワープロもない時代ですから。手で書き写しながらまとめていたのです。ですから、相当な時間が掛かります。

 今の時代、さすがに手書きはないので、まず考えたのはMS-WORDです。「まとめノート」の元になる教科書も配付資料も、スキャナで電子化すれば、教科書も図表もコピペできます。授業ノートの内容を書き足すのも楽です。

 しかし、教科書が「まとめノート」の元にならないことが分かったので、MS-WORDではなくPowerPointの使用を考えました。「まとめノート」の元が配付資料(PowerPointのスライドコピー)だからです。配付資料のポイントをPowerPointで表現し、ノートペインに教科書や授業ノートの内容を書き加えようと思ったのです。

 前提として、教科書と配付資料の電子化が済んでいること。いずれも、すべてのページをスキャナでpdfに落とし、OCRで文字は電子化してあること。pdf内の図表を切り出せる環境を持っていること。

 で、できたのが下の図。3枚の内、上は講師の配った配付資料から作成、真ん中は「まとめノート」PowerPointの画面。下はその印刷イメージ。

 配付資料では、ポイントが整理できていないので、整理し直しています。ポイントをスライドペインで整理し、ノートペインには教科書からの引用と授業ノートからタイプした情報を記載しています。教科書と授業ノートを区別するために、授業ノートからの情報はイタリックにしてあります。印刷時は色でも差を加えています。

 配付資料を、なぜこうまとめたかは次回。

MBA_org1.jpg


MBA_note1.jpg


MBA_note2.jpg
スポンサーサイト



プロフィール

ロジカルスキル研究所代表

Author:ロジカルスキル研究所代表
ロジカルスキルを企業研修で指導しています。主な講座は、ロジカルライティング、ロジカルネゴシエーション、ディベート、ロジカルプレゼンテーション、英文テクニカルライティングです。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。