FC2ブログ
Logical Skill の深い話
Logical Skill (特にLogical Writing) について、著書(たとえば、「論理が伝わる世界標準の書く技術」講談社)には書かなかった、より深い話を紹介します。
11 | 2018/12 | 01
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

「まとめノート」のトライアル その2
 早稲田大学エクステンション講座「12時間で学ぶMBAエッセンス」を受講したので、「まとめノート」の効果的な作り方を考えてみたい。

 ベースとすべきは、やはり教科書だろう。教科書に書かれている内容から、エッセンスを学んだのだから。教科書から講義で振れた部分を、配付資料を参考にまとめ、授業ノートで補足すればよいだろう。まずはそう考えた。

 しかし、この教科書が分かりづらい。実は、オリエンテーションでは教科書を前もって読んでおくと理解が深まることは告げられていた。しかし、私は予習を半分あきらめた。なぜなら、教科書の説明が分かりにくくて、予習に時間が掛かりすぎるからだ。ビジネスパーソンだと、1.5時間の講義に、数時間の予習は厳しい。

 教科書が分かりづらいのは、読み込まないとポイントが分からないからだ。なぜそうなっているかと言えば、文章に総論がないからだ。パラグラフにトピックセンテンスがないからだ。あるいは、1つのパラグラフで複数のポイントを述べているからだ。ライティングの基本をまるで知らない。

 たとえば、教科書の「オペレーション・マネジメント」の項目を参考に説明しよう(下図参照)。「オペレーション・マネジメントとは」とタイトルの付いたこの項目は、「まず、オペレーションズ・マネジメント(OPM : Operations Management)
そのものについて説明していこう。」と始まる。アホか!「オペレーション・マネジメントとは」とタイトルが付いているところで、オペレーションズ・マネジメントを説明するのは当たり前だ。筆者は読者を馬鹿にしているのか!ここでまず書くべきことは、「オペレーション・マネジメントとは何か」だ。この肝心なことは、このパラグラフの最後の方に書いてある。ここまで読み込んで初めて、「オペレーション・マネジメントとは何か」がわかる。全部読んで、大事なポイントを見つけ出さなければならない文章だ。

 この講座では、コミュニケーション能力の重要性を述べているのに、講師ができていない。この講座の「人材マネイジメント」では、下図のような概念図で、コミュニケーション能力の重要性を述べている。しかし、講師の書いた本は読みにくいし、プレゼンテーションもポイントがわかりずらい。MBAでは、コミュニケーション能力の重要性を学んでも、そのスキルは学ばない。なんだかなあ(まあ、アメリカなら学部で既に勉強済みなのだが)。

 というわけで、教科書を中心に置くのは時間が掛かりすぎて非効率的だ。別の手法を考えることにする。

MBA_text.jpg



MBA_communication.jpg
スポンサーサイト



プロフィール

ロジカルスキル研究所代表

Author:ロジカルスキル研究所代表
ロジカルスキルを企業研修で指導しています。主な講座は、ロジカルライティング、ロジカルネゴシエーション、ディベート、ロジカルプレゼンテーション、英文テクニカルライティングです。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム