FC2ブログ
Logical Skill の深い話
Logical Skill (特にLogical Writing) について、著書(たとえば、「論理が伝わる世界標準の書く技術」講談社)には書かなかった、より深い話を紹介します。
09 | 2018/10 | 11
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「まとめノート」のトライアル その1
 早稲田大学エクステンション講座「12時間で学ぶMBAエッセンス」を受講したので、試しに「まとめノート」を作ってみようかと思う。

 前にも書いたことだが、あらためて記す。「ノートをとる」というノートには、「授業ノート」と「まとめノート」の2種類ある。この2つを混同してはならない。

 「授業ノート」では、講義内容の細部をメモするのであって、まとめをするのではない。細部、つまり具体例などをメモするのだ。まとめは、テキストなどに書いてあるのだから、授業中にメモする意味はない。だから、黒板(ホワイトボード)に書かれたことを中心にメモするのではない。少しでも重要と思うことはすべて書くのだ。何が本当に重要かは、受講中には十分判断できないこともある。だから、細かいことまで書くのだ。そこで、「ペン先から煙の出る速度」でノートを取るのだ。

 まとめを書くのは、授業後に作成する「まとめノート」だ。細部をメモした「授業ノート」とテキストを使って、自分がマスターすべきことをまとめていくのだ。『東大合格生のノートはかならず美しい』という本で言うノートとは、「まとめノート」だ。「授業ノート」は、「ペン先から煙の出る速度」で書くのだから、美しいはずがない。

 この「まとめノート」、どうすれば効率よく作れるだろう。「まとめノート」を作るのに使うのが、教科書、配付資料、「授業ノート」だ(下記の写真)。昔なら「まとめノート」はすべて手書きだ。しかし、今、教科書、講義配付資料は電子化できる。図は画像でコピペできるし、文字はOCRで認識できる。「まとめノート」を効率よく作る方法を考えていこう。

 ということで、次回に続く。

スポンサーサイト



プロフィール

ロジカルスキル研究所代表

Author:ロジカルスキル研究所代表
ロジカルスキルを企業研修で指導しています。主な講座は、ロジカルライティング、ロジカルネゴシエーション、ディベート、ロジカルプレゼンテーション、英文テクニカルライティングです。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。