FC2ブログ
Logical Skill の深い話
Logical Skill (特にLogical Writing) について、著書(たとえば、「論理が伝わる世界標準の書く技術」講談社)には書かなかった、より深い話を紹介します。
08 | 2018/09 | 10
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

読売新聞社説の解析(5)
 食品ロスに関する、読売新聞の社説(2018.01.09)の分析、5回目。前回書き直した文章を解説をする。解説の都合上、パラグラフに番号を付けた。また、各論のパラグラフでは、先頭文をゴシック表示した。

 文章全体は、総論-各論-結論で構成する。書き直した文章では、第1パラグラフが総論で、第2-8パラグラフが各論、第9パラグラフが結論だ。最初と最後で、言いたいことを強調する。だから、総論と結論で内容をかぶらせる。

 各論は、1論理構成単位を1パラグラフとし、7パラグラフぐらいまでで構成する。論理構成単位とレイアウト上の固まりが対応していることが大事だ。論理構成単位も人間の把握しきれる7ぐらいまでにする。7つぐらいまでの論理構成単位が、はっきり視覚的に見えるので、論理構成も把握しやすくなる。論理構成単位が7を超え始めたら、文章を階層構造化することを検討する。

 各論のパラグラフでは、そのパラグラフのトピックを1文目(トピックセンテンス)で述べる。このとき、トピックセンテンスは、論理構成が正しく伝わる範囲で短く述べる。短く述べるから、そのパラグラフのトピックが頭にすっと入る。1文目が長いと、それだけで論理構成が伝わるにくくなる。

 また、各トピックセンテンスだけ読んで、論理構成が分かるように書く。つまり、トピックセンテンスだけで文章として成立するように書く。1論理構成単位を1パラグラフに割り当て、そのパラグラフのトピックが1文目のトピックセンテンスで正しくまとめられていれば、トピックセンテンスだけで、すべての論理構成単位が拾える。だからトピックセンテンスだけ読んで文章として成立する。

 さらに、各トピックセンテンスだけで既知から未知に流れなければならない。各トピックセンテンスだけで文章として成立するなら、各トピックセンテンスどうしは既知から未知につながっているはずだ。もし、既知から未知につながっていないなら、「文章として成立する」と思っているのは書き手だけかも知れない。

 各論のパラグラフは、4-8文を目安に書く。パラグラフで述べたトピックに納得感を持ってもらうには、どうしても詳しい説明や具体例がいる。1,2文では説得できない。たとえば、『「もったいない」という日本人の美徳』について述べたら、日本人がいかに「もったいない」という気持ちを大切にしているかを具体例などで示すのだ。また、対策を述べたら、その対策を詳しく具体的に説明するのだ。オリジナルの文章のように、「少なくとも手つかずで捨てる食品を減らすような消費行動を、一人一人が心がけたい。」の1文で終わってはいけない。

 情報量とトピックの重要性とのバランスも考慮する。重要なトピックはより詳しく、重要性の低いトピックは説明が少なくても良い。たとえば、日本人の美徳と経済的なロスでは、前者を重要としているので説明量に差がある。これはあくまで目安に過ぎない。しかし、重要性を無視した、極端な情報量の差は、論理性を疑われかねない。

 他にもいろいろなことに注意しながら書くのだが、今回はここまで。

食品ロス書き直し
スポンサーサイト



プロフィール

ロジカルスキル研究所代表

Author:ロジカルスキル研究所代表
ロジカルスキルを企業研修で指導しています。主な講座は、ロジカルライティング、ロジカルネゴシエーション、ディベート、ロジカルプレゼンテーション、英文テクニカルライティングです。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム