Logical Skill の深い話
Logical Skill (特にLogical Writing) について、著書(たとえば、「論理が伝わる世界標準の書く技術」講談社)には書かなかった、より深い話を紹介します。
06 | 2018/07 | 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

印象の良い表現に直す
 technical writingとは別に、business writingという分野がある。technical writingとは、論理的でわかりやすい説明をするための書き方だ。一方、business writingとは、ビジネスをスムーズに遂行しやすくするための書き方だ。

 business writingでは、印象の良い表現に直すということを学ぶ。印象の悪い情報も、表現次第で、中立になったり、良い情報にすり替わったりもする。たとえば、督促状やクレームレターを、悪い印象を与えずに、どう書けばよいかとかだ。

 簡単な例を紹介しよう。

悪い例:コストを押し上げ、ビジネスをロストしています。
良い例:定価を押し上げ、お客様にご迷惑をおかけしています

悪い例:6/10までにお支払いいただかないと、支払い信用に傷が付きます
良い例:6/10までにお支払いいただければ、高い支払い信用を維持できます

悪い例:あなたの経験では、このポジションには不十分です
良い例:あなたの経験に見合う適切なポジションがありません

悪い例:もう連絡しないでください
良い例:必要があれば、こちらからご連絡します

悪い例:コスト削減のため、使い捨てをやめて、再利用可能なものにしました
良い例:地球環境保護のため、使い捨てをやめて、再利用可能なものにしました
スポンサーサイト



プロフィール

ロジカルスキル研究所代表

Author:ロジカルスキル研究所代表
ロジカルスキルを企業研修で指導しています。主な講座は、ロジカルライティング、ロジカルネゴシエーション、ディベート、ロジカルプレゼンテーション、英文テクニカルライティングです。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。