FC2ブログ
Logical Skill の深い話
Logical Skill (特にLogical Writing) について、著書(たとえば、「論理が伝わる世界標準の書く技術」講談社)には書かなかった、より深い話を紹介します。
11 | 2018/12 | 01
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

文章を書くとき、日本語と英語で差はない
 文章を書くうえで、日本語と英語で大きな差を感じることはありません。時々、おかしな説明を聞くことがあるので、誤解を解いておきましょう。

誤解:「英語は文頭に主語と動詞がある。だから、文章も結論から述べる」

 根拠が根拠になっていません。「文」の構成と、「文章」の構成は別物です。英語圏で結論を先頭に置く文章をよく見るのは、そう教育されているからです。英語圏でも、意識しなければ、結論が最後に登場します。実際、結論が最後に来る説明をよく見ます。

誤解:「英語は論理的な説明に向いている」

 論理的であるかは言語と関係ありません。英語だと論理的に説明できる根拠がわかりません。英語を使うから論理的考え、説明できるのではありません。論理的に説明する教育が熱心なのが英語圏なのです。通常、欧米では大学一年生の時に、論理的に書くことを一年かけて学びます。日本に、同様のシステムのある大学は数える程度です。

誤解:「英語だとYES/NOなど、意見を明確に言える」

 これも言語と関係ありません。日本語でも明確に言えます。単に、日本人は婉曲的な表現を好むというだけのことです。

 ちなみに、「英語圏ではYES/NOをはっきり言う」は誤解です。YESは、はっきり言いますが、NOは、はっきり言いません。NOをはっきり言えば、敵対したり、ビジネスをロストしたりするからです。
 I disagree with you.
なんて、教養なある人は言いません。
 I have another opinion.
と言ったりします。
スポンサーサイト



プロフィール

ロジカルスキル研究所代表

Author:ロジカルスキル研究所代表
ロジカルスキルを企業研修で指導しています。主な講座は、ロジカルライティング、ロジカルネゴシエーション、ディベート、ロジカルプレゼンテーション、英文テクニカルライティングです。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム