Logical Skill の深い話
Logical Skill (特にLogical Writing) について、著書(たとえば、「論理が伝わる世界標準の書く技術」講談社)には書かなかった、より深い話を紹介します。
08 | 2017/09 | 10
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

マツダCX-5の電子取扱説明書(6)
 マツダCX-5の電子取扱説明書が、マニュアルコンテストで優秀賞を受賞したらしい。マニュアル作成の専門家(自動車業界の方ではない)から、「どう思いますか?」と聞かれたので、チェックしてみた。その第六弾。引き続き、自動巡航機能の説明の部分から。

 自動巡航機能(MRCC)の起動と設定は、下図のように説明されている。

 速度の設定までの説明は分かる。最初の「ONする」の説明で、MODEスイッチでONとなる。これで、速度や車間の設定ができるようになる。次の「速度を設定する」の説明で、指定速度で定速走行になることも分かる。

 しかし、ここで示されている表に、なぜ「追従走行時」のディスプレイ表示が示されているのか?まだ、「追従走行時」の説明はされていない。だから、追従走行の設定の仕方も分からない。それなのに、「追従走行時」のディスプレイ表示を示されても困る。

 さらに、どうすれば追従走行になるのか、探しても載っていない。取扱説明書は、次に「追従走行時の車間距離を設定する」となっている。つまり、「追従走行時」の車間の設定だ。そもそもの「追従走行時」への移行が載っていない。

 なんと、「知識を開く」をクリックすると、「追従走行時」に移行する説明(下記引用)が表示される。クリックしないと隠れたままだ。
---引用---
定速走行中に前方車を検知すると、ディスプレイに前方車表示が表示され、追従走行を行います。また、前方車を検知しなくなったときは、ディスプレイの前方車表示が消灯し、定速走行に切り替わります。
---引用---

 なぜ、こんな大事な情報が目立つところに書かれていない。
cx5_MRCC_on.jpg
スポンサーサイト



プロフィール

ロジカルスキル研究所代表

Author:ロジカルスキル研究所代表
ロジカルスキルを企業研修で指導しています。主な講座は、ロジカルライティング、ロジカルネゴシエーション、ディベート、ロジカルプレゼンテーション、英文テクニカルライティングです。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム