Logical Skill の深い話
Logical Skill (特にLogical Writing) について、著書(たとえば、「論理が伝わる世界標準の書く技術」講談社)には書かなかった、より深い話を紹介します。
10 | 2017/11 | 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Google翻訳はどこまで正しい英語に翻訳できるのか
Google翻訳はどこまで正しい英語に翻訳できるのか。

もとの日本語
「当社は懐具合が窮屈なため、5000ドル未満の注文に対しては、10%の割り増し料を請求せざるを得ません。」
Google翻訳した英語
「We are forced to charge a surcharge of 10% for orders under $ 5000, as our business is cramped.」

 文法的には成立しているし、意味も概ね伝わるだろう。しかし、ビジネス文章として、教養ある英文とは言えまい。

 まず簡単な問題点を挙げる。
1.”force”は、「無理矢理」の意味を含むので、この文脈では不適切な単語だろう
2."charge a surcharge"は、重ね言葉
3."business is cramped"は、「懐具合が窮屈」を正しく伝えているか不明。ネットでの使用例を見ると、「ビジネスやる上での場所が足りない」のような使い方が多い。文脈から「懐具合が窮屈」と取れるとは思うが、もっと適切な表現がありそうだ。

 さらに、テクニカル・ライティングの視点で言えば、この文は"we"を主語に置かない方がスマートである。なぜなら、マイナスなイメージの情報を発信するのに、"we"を主語にすると、そのマイナスなイメージが"we"に付くからだ。つまり、「他でもない当社が、割り増し料を請求するのです」というような印象を与える。

 では何を主語とするかというと、仮主語を使うのだ。たとえば、"Because of our financial condition, it has been necessary to"と表現する。マイナスなイメージの情報を発信する時は、人を主語とせず、ものを主語とするか仮主語を使うかすると、マイナスなイメージが少し緩和される。

 さらに、この文なら、時制は現在完了形が望ましい。この文意からすれば、おそらく割り増し料の請求は、懐具合が窮屈になった時点(過去)で始まり、今も続いているのであろう。となれば現在完了形だ。

 科学が進んでも、まだまだ、指導すべきことは多い。
スポンサーサイト



プロフィール

ロジカルスキル研究所代表

Author:ロジカルスキル研究所代表
ロジカルスキルを企業研修で指導しています。主な講座は、ロジカルライティング、ロジカルネゴシエーション、ディベート、ロジカルプレゼンテーション、英文テクニカルライティングです。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム