Logical Skill の深い話
Logical Skill (特にLogical Writing) について、著書(たとえば、「論理が伝わる世界標準の書く技術」講談社)には書かなかった、より深い話を紹介します。
10 | 2017/11 | 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

明治大学齋藤孝教授の文章を分析する(4)
 明治大学齋藤孝教授は、自ら「齋藤孝のできると言われる! 仕事の文章力」(ナツメ社)など、文章の書き方に関する本を多数出版しているが、実は論理的な文章を書けません。本人は書ける気でいるのかも知れませんが、まったく書けません。そのことを、齋藤孝著「頭が良くなる議論の技術」(講談社現代新書)の「はじめに」の一部を引用しつつ、複数回に分けて分析する4回目です。

---引用始め---
 つまりここでいう「頭が良くなる」とは、いい議論が持つ弁証法的運動を自らの思考の基本として身につけるということです。柔軟で強靱な思考力は、いい議論の経験を通してこそ向上していくものです。
---引用終わり---

 子のパラグラフでは、2つのトピックが、1文ずつで述べられています。分けて述べるべき内容です。

 1文目は、もっとずっと前に述べておくべき内容です。最初のパラグラフで使った言葉が、ここまで定義されていないのは、「議論を始める前に言葉を正しく定義する」という基本を知らないからです。また、この1文では理解できないので、「いい議論が持つ弁証法的運動を自らの思考の基本として身につける」を詳しく説明しなければなりません。

 2文目は、そのトピックから考えて、前のパラグラフに統合すべきでしょう。

---引用始め---
 新しい学力とは 、的確に議論する力であり、多様な視点から分析し総合的に捉え直す力です。子どもたちだけでなく、今生きるすべての人が、身につけたい力です。
---引用終わり---

 唐突な内容の転換です。なぜ、突然、「新しい学力」の話になったのでしょう。

 「的確に議論する力や、多様な視点から分析し総合的に捉え直す力を身につけたい」と述べたいなら、単に前に述べたことの繰り返しです。前のパラグラフのいずれかに統合すべきです。こういうことを述べるから、1つのパラグラフが1,2文になってしまうのです。

---引用始め---
 議論力は、この社会を発展させるだけでなく、場を明るくし、生きている実感を得させてくれる力です。
---引用終わり---

 唐突な内容の転換です。突然、「場を明るくし、生きている実感を得させてくれる」と言い出しました。言っただけで根拠はありません。だから、1つのパラグラフが1,2文になってしまうのです。

---引用始め---
 身のまわりの人と「祝祭としての議論」を楽しむ、そんな明るいイメージを持って、本書を読み進めてみてください。
---引用終わり---

 これまた突然、「祝祭」と言い出しました。「祝祭」って何でしょう?まとめのパラグラフだから短くてもいいのですが、これまで述べてきたことを総括しているとはとても思えません。
スポンサーサイト



プロフィール

ロジカルスキル研究所代表

Author:ロジカルスキル研究所代表
ロジカルスキルを企業研修で指導しています。主な講座は、ロジカルライティング、ロジカルネゴシエーション、ディベート、ロジカルプレゼンテーション、英文テクニカルライティングです。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム