Logical Skill の深い話
Logical Skill (特にLogical Writing) について、著書(たとえば、「論理が伝わる世界標準の書く技術」講談社)には書かなかった、より深い話を紹介します。
10 | 2017/11 | 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

隆車に歯向かう蟷螂の斧
 隆車に歯向かう蟷螂の斧。ライティングを指導していると、この言葉を実感して心が折れそうになります。その例をご紹介しましょう。

 ずいぶん昔、学校の先生が集まるような勉強会で、小論文の書き方を紹介したことがあります。テクニカル・ライティングをベースに、論理的な小論文の書き方を紹介しました。その実例として、欧米のアカデミック・ライティングの教科書に載っている例を使いながら説明しました。

 この講座の中で、2つの小論文を読み比べてもらいました。1つは、アカデミック・ライティングの教科書に載っている例を和訳した文章。もう一つは、日本で「小論文の神様」と言われる方の著作に掲載されていたよい例です。読み比べてもらうときには、両方の文章とも、出典は伝えませんでした。出典を示さなかったのは、バイアスのない状態で読んでもらいたかったからです。

 読み比べてもらった結果、アカデミック・ライティングの教科書に載っている例が圧倒的的な支持を得ました。「小論文の神様」のよい例は、罵詈雑言の嵐です。バイアスのない状態で読んでもらえれば、学校の先生なので、よいか悪いかは判断が付くのです。出典を明らかにすると、どよめきが起こりました。「こんな文章をよい文章として崇めていたのか」と。

 この講座に感化されたある先生が、自分の学校で、正しい文章を指導しようとしたそうです。どのような指導をされたのかはわかりません。しかし、従来の書き方は間違っていて、正しい書き方があることを伝えようとしたようです。

 しかし、同僚の先生から、反論が相次いであきらめたとのことです。「小論文の神様」の信者が多いのです。正しいかどうかではありません。多数派(隆車)に勝てないのです。少数の正しい意見(蟷螂=カマキリ)は、多数の間違った意見(隆車)に押しつぶされてしまいます。

 結果、今でも日本人の書く小論文は、非論理的で分かりにくです。欧米との距離は全く縮まっていません。

スポンサーサイト



プロフィール

ロジカルスキル研究所代表

Author:ロジカルスキル研究所代表
ロジカルスキルを企業研修で指導しています。主な講座は、ロジカルライティング、ロジカルネゴシエーション、ディベート、ロジカルプレゼンテーション、英文テクニカルライティングです。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム