Logical Skill の深い話
Logical Skill (特にLogical Writing) について、著書(たとえば、「論理が伝わる世界標準の書く技術」講談社)には書かなかった、より深い話を紹介します。
08 | 2017/09 | 10
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

英会話はなきなが勉強する
 商売柄、時々、「英会話が上達するにはどうしたらいいですか?」と聞かれる。私は、「泣きながら勉強するんだ」と答える。

 フルタイムで働いている人間が、日本に在住しつつ、英会話を習得するのはかなり大変だ。多くの場合、定時には帰れない。その生活の中で、英会話を勉強する時間を確保しなければならない。まあ、90%以上の確率で挫折する。

 しかし、英会話を習得するためには、相当量の勉強が必要だ。一般に、TOEICの点数を1点上げるのに、英会話のレッスン2時間が必要と言われている。英語を公用語とした楽天は、そのためには1,000時間の勉強が必要と考えていた。NHKで英会話のラジオ番組を担当してた杉田聡氏は、2,000時間が必要と述べている。

 かつ、その勉強は短期になされなければならない。10年かけて1,000時間確保しても意味はない。週5時間未満の英会話のレッスンなら、現状維持が精一杯らしい。短期に集中すれば、半年で話せるようになる。少なくとも、私はそうなった。

 大量の勉強時間を短期に確保するには、泣きながら勉強するしかない。つまり、他のすべてを犠牲にするしかない。遊んでいる暇はない。仕事以外のすべての時間を英語の勉強に使うかう覚悟が必要だ。その覚悟がないなら、たとえばデートしたいと思うなら、英会話習得はあきらめざるを得ない。

 フルタイムで働きながら、英会話を習得したいなら、「泣きながら勉強するんだ」よ。
スポンサーサイト



プロフィール

ロジカルスキル研究所代表

Author:ロジカルスキル研究所代表
ロジカルスキルを企業研修で指導しています。主な講座は、ロジカルライティング、ロジカルネゴシエーション、ディベート、ロジカルプレゼンテーション、英文テクニカルライティングです。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム