FC2ブログ
Logical Skill の深い話
Logical Skill (特にLogical Writing) について、著書(たとえば、「論理が伝わる世界標準の書く技術」講談社)には書かなかった、より深い話を紹介します。
06 | 2018/07 | 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

推奨図書「読ませる技術 聞かせる技術」
 講談社ブルーバックスより、『こうすればわかりやすい表現』(海保博之)の新装版が発売されます。『心理学者が教える 読ませる技術 聞かせる技術 心を動かす、わかりやすい表現のコツ』です。

 実は、この出版には私が一枚噛んでいます。以前、『こうすればわかりやすい表現』(海保博之)がよい本であることを、自分のFaceBookで紹介しました。その投稿を、知り合いの講談社ブルーバックスの編集者が目に留め、社内で話をしているうちに、新装版の発売に結びついたとか。

 講談社から献本していただいたので一気に読みました。

 短期メモリと長期メモリの二貯蔵庫モデルの話(1章)と、メンタルモデルの話(6章)は、この本が素人向けには最も詳しく書かれていると思います。しかし、他の章はちょっと微妙。とくに、パラグラフの理解は間違っています。つまり、認知心理学の入門として優れているのだが、ライティング技術としては不十分なので、読む際には気をつけて。

読ませる技術聞かせる技術

スポンサーサイト
講義中のスマホ操作
 ネットを見ていたら、授業中にスマホをいじっていて、注意されたら逆ギレした学生の話が載っていた。
学生「誰にも迷惑をかけていないのに、何が悪いのですか?」
教授「強いて言えば頭かな」
まあ、切り返しとしては上手だが、答えにはなっていない。

 私は、講義中のスマホは認めない。マナーとは別に、理由は2つ。

1.
スマホをいじっていては講義について行けない。仮に、講義に関することを調べていたとしても、その間に講義は流れていく。休憩時間に調べるべきだ。調べないと講義について行けないような説明はしていない。講義を聴くことと、スマホで調べることの優先順位が間違っている。

2.
講義は、講師と受講者の協力があってよい状態になる。その場に参加した以上、受講者にもよい授業を作ることに協力が求められる。このことは裁判で判例がある(談志の居眠り訴訟)。

 ちなみに、私の場合、企業研修なだけに、受講者が有しているのは権利ではなく義務だ。受講者は、企業からお金をもらって参加しているのだから、講義内容を身につける義務を有している。講義を受ける権利を有しているのではない。こは、学校とは少し違うところ。


プロフィール

ロジカルスキル研究所代表

Author:ロジカルスキル研究所代表
ロジカルスキルを企業研修で指導しています。主な講座は、ロジカルライティング、ロジカルネゴシエーション、ディベート、ロジカルプレゼンテーション、英文テクニカルライティングです。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム