FC2ブログ
Logical Skill の深い話
Logical Skill (特にLogical Writing) について、著書(たとえば、「論理が伝わる世界標準の書く技術」講談社)には書かなかった、より深い話を紹介します。
03 | 2018/04 | 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プレゼンテーションの改善 その2
 昨日、早稲田大学エクステンション講座「12時間で学ぶMBAエッセンス」をテーマに、2枚のスライドの問題点を指摘した。そこで、今日はその改善策を示す。

 まず、「人材マネイジメント」の定義を考え直す。思考のポイントは、昨日指摘したように「管理」と「戦略に適合した組織を構築すること」の関係だ。さらに、この定義が、この後に続く5つの視点や2つのアプローチとつながっていなければならないということだ。「人材マネイジメント」の定義と、その後に続く説明がばらばらでは論理性を欠く。

 そこで、「人材マネイジメント」の定義を「中長期の戦略を実現する力を有する社員を育成すること、および、その社員が力を発揮できる組織を構築すること」とした。まず、「管理」=「戦略に適合した組織を構築すること」ととらえた、なぜなら、昨日説明したように、そうとらえないと説明に無理が生じるからだ。次に、「管理」という抽象的な表現ではなく、「戦略に適合した組織を構築する」というより具体的な表現を使った。ちなみに「採用」は削除した。なぜなら、このあと「採用」の話はほとんど出てこないからだ。

 この「人材マネイジメント」の定義の中に、5つの視点と2つのアプローチにつながる内容を織り込んだ。社員の育成は、「仕事を進めていく過程ごとに」として、このあとの5つの視点につなげる。組織の構築は、「制度と感情の両面で」として、同じく2つのアプローチへとつなぐ。後ろの説明との明確な接続が論理性を生む。

 補足として、「人材マネイジメント」の注意点を加えておいた。この注意点は、授業ノートでメモした内容と、オリジナルのスライドに書かれていた内容だ。2つの注意点にも関係性を持たせてある。「労働市場の流動化や社会構造の変化も考慮」だけでは、何に対しての注意か分からないから。

 次のスライドの5つの視点を説明する上で大事なのは、この5つがモレもないダブりもない(MECE)であることを示すことだ。業務は、目標設定→業務遂行→成果評価→次の仕事というプロセスの繰り返しだ。そこで、先のスライドで述べたように「仕事を進めていく過程ごとに」に視点を設ければMECEとなる。ここに私生活を絡めれば、WLBも織り込める。5つの視点の右側には、考慮すべきポイントを、可能な限り並列感が出るよう示した。

 次のスライドの2つのアプローチの説明でも、大事なことはMECEであることを示すことだ。オリジナルのスライドのように、「組織設計と社員の動機付け」ではMECE感はまるでない。そこで、Hardware(制度)とSoftware(感情)とすることで、すこしはMECE感が出る。十分とは言えないが、オリジナルよりかなりましだ。

 ちなみに「人材マネイジメント」の歴史上、組織設計→動機付けという流れになっている。このことは、「ホーソンの実験」という話で、講義中に説明がある(授業ノートに書いてある)。そのこともおまけとして付け加えておいた。

 あとは、2つのアプローチの説明を揃える。つまり、箇条書きの大項目から小項目に行くに従って、両アプローチともブレークダウンする。オリジナルのスライドでは、「動議付け」という言葉が重複している。正しくブレークダウンすれば、このような重複は生じない。

 「人材マネイジメント」の定義と、5つの視点と2つのアプローチがつながっていることも明示的に示す。5つの視点と2つのアプローチのスライドでは、先頭で「〇〇するために」と、「人材マネイジメント」の定義をしたスライドで使用した言葉を使っている。スライド間の接続は、このように明示しなければならない。内容か読み取らせようとしても、読み取れない聴衆が必ずいる。

 このあと説明は、「まとめノート」のトライアルで使った「組織における重大3要素」へとつながるのだが、この接続が苦しい。つまり、「人材マネイジメント」の定義と、5つの視点と2つのアプローチはつながっているのだが、これに続けて「組織における重大3要素」を説明する流れが作れない。今のところ改善策も私の頭には浮かばない。

 論理的な説明なら、このあとは「人材マネイジメント」の方法を、5つの視点ごとに、2つのアプローチをはっきり意識して説明することになる。そうでないなら、何のために5つの視点や2つのアプローチを示したのか分からない。「人材マネイジメントには、5つの視点と2つのアプローチがあります。ところで、話は変わりますが人材マネイジメントでは」では、論理性もへったくれもない。

 しかし、実際の講義では、このあとの説明で、5つの視点も2つのアプローチも明示的に登場しない。やれやれ。

MBA_改1


MBA_改2


MBA_改3

スポンサーサイト
プレゼンテーションの改善 その1
 先日、早稲田大学エクステンション講座「12時間で学ぶMBAエッセンス」をテーマに「まとめノート」作成のトライアルをしてみた。こうやって「まとめノート」を作成しようとすると、オリジナル講義の論理的な問題点がたくさん目に付く。そこで、今日は、この問題点を洗い出してみよう。

 ターゲットは、下記に示す2枚のスライド。「12時間で学ぶMBAエッセンス」の中から「人材マネイジメント」という科目における、最初の2枚だ。この2枚は、先日「まとめノート」のトライアルをした「組織とは」というスライドの直前に位置する。

<1枚目>

 まず、1文目にある人材マネイジメントの定義がダメだ。「人材マネイジメントとは…管理する」では、循環定義だ。循環定義とは、ある概念を定義するためにその概念自体(=定義しようとしている言葉)を用いることだ。「マネイジメント」=「管理」だろ。英語を日本語にしただけで循環している。そもそも、「人材マネイジメントとは…管理する」では、日本語になっていない。

 さらに、「採用」「育成」は分かるとして、「管理」がそもそどんな行為を指しているのか分からない。「管理」とは何かを考えていくと、すぐ下に「人材を採用・育成しつつ、戦略に適合した組織を構築する」とある。ということは、「管理」とは「戦略に適合した組織を構築する」ことか?もし、「管理」=「戦略に適合した組織を構築すること」なら、なぜ、同じことを繰り返しているのか?もし「管理」≠「戦略に適合した組織を構築すること」なら、この2つの文で整合が取れない。どちらにしても論理性に欠ける。

 また、「戦略に沿った組織設計と社員の動機付けを考える」も唐突で論理性に欠ける。ここに書かれた人材マネイジメントの定義から、なぜ、「戦略に沿った組織設計と社員の動機付けを考える」と言えるのか?根拠もなしに、「人材マネイジメントでは、組織設計と社員の動機付けを考える」と言われても、「はいそうですか」とは思えない。

 さらに、その後の「人材マネジメントを考える5つの視点」も唐突で論理性に欠ける。この5つの視点はどこから導き出されたのか?先に述べた「戦略に沿った組織設計と社員の動機付けを考える」と関係はあるのか?関係があるなら、その関係を示さなければならない。関係がないなら非論理的だ。

 また、この5つの視点はモレもなくダブりもない(MECE)と言えるのか?6つ目の視点はないのか?ないなら、なぜないと言えるのか?

<2枚目>
 この2つのアプローチも唐突だ。1枚目に述べた「戦略に沿った組織設計と社員の動機付けを考える」につながっていることは分かる。しかし、そもそも「戦略に沿った組織設計と社員の動機付けを考える」が唐突なだけに、2つのアプローチを説明されても、「この2つのアプローチが重要だ」とは思えない。

 また、この2つのアプローチはMECEと言えるのか?3つ目のアプローチはないのか?ないなら、なぜないと言えるのか?

 さらに、言葉の使い方もいい加減だ。1枚目では「目的」となっていたことが、2枚目では「目標」となっている。同じことを指していると思われるが、言葉を変えてはいけない。そもそも別科目で目的と目標は異なると学習している。言葉の使い方という意味では他にも、「戦略に沿った組織設計と社員の動機付けを考える」と言ったのに、2枚目のスライドは、「構造アプローチ」と「動機づけアプローチ」となっている。「戦略に沿った組織設計と社員の動機付けを考える」を受けて、「構造アプローチ」ではなく「組織設計アプローチ」とすべきだ。さらに、「動機づけアプローチ」を右にたどると、「欲求動機の高揚を考える」と、ただの繰り返しになっている。ここは、「構造アプローチ」の右の説明が「組織設計を考える」とあるように、「動機づけアプローチ」の右の説明は、「動機づけアプローチ」をブレークダウンしなければならない。

 わずか2枚のスライドだが、このように論理的に分析していくと、論理的な問題が山ほど見つかる。そこで改善だが、それは次回。

MBA_org2.jpg


MBA_org3.jpg

「まとめノート」のトライアル その4
 この1枚のスライド(上図)だけで、突っ込みどころは満載だ。

 まず、チェスター・バーナードの紹介は、最初に述べることではない。受講者が知りたいのは3つの要素が何かだ。あるいはその元になる情報だ。3つの要素が誰の提案かはどうでもよい。少なくともビジネスの世界なら。出典がチェスター・バーナードの幸福論であることは、スライド内の端に小さく書いてあれさえすればよい情報だ。

 次に、3つの要素の妥当性が理解できない。この3つは、どこからどんな根拠で導き出されたのか?4つ目はないのか?根拠もなしに「この3つです」と言われて、「ああそうか」とは思えない。

 さらに、「組織の生誕」も唐突だ。3つの要素とどうつながっているのか?なぜ、ここで組織の生誕の話をしなければならないのか?これも表面的にはわからない。

 しかし、スライドをよく見ると、3つの要素と組織の生誕との関係を紐解くヒントが見える。3つの要素の2番目「貢献(協働)意欲」と、「組織の生誕」で赤字でハイライトされている「協働によって」とに同じキーワード「協働」がある。ということは、3つの要素と「組織の生誕」には論理的な接続関係がありそうだと。

 そこで、3つの要素と組織の生誕との関係を考えると、以下のように考えられる。
要素1:意識的に調整された体系 → 共通の目的
要素2:協働によって → 貢献(協働)意欲
要素3:? → コミュニケーション

 こう考えると、要素3に対応する「組織の生誕」がない。そこで、教科書の該当部分を読む。分からないことは、教科書側を参考にする。それでも分からない場合は、他の参考書やWEBを参考にすることになるが、その段階で教科書が教科書の役割を担っていない。

 この抜けている情報が教科書には記載があった。教科書には次のように記載(「組織論」の翻訳引用)されている。
「人間が個人として達成できないことを他の人々との協働によって達成しようとした時に、組織が生まれる。したがって、組織は2人以上の人々の意識的に調整された活動や諸力の体系である。」

 教科書の記載をベースに、3つの要素と組織の生誕との関係を考えると、以下のように考えられる。
要素1:個人として達成できないこと → 共通の目的
要素2:人々との協働によって → 貢献(協働)意欲
要素3:意識的に調整された活動や諸力 → コミュニケーション

 この、3つの要素と組織の生誕との関係を、講師は理解できていない。だから「組織の生誕」の説明がいい加減なのだ。説明の順もおかしい。「組織の生誕」の説明から3つの要素の説明というように、縦の接続関係を明示すべきだ。

 理解できていないのは、引用元の「組織論」の翻訳で、キーワードの使い方が不十分だからだ。私なら、「組織論」の該当部分を以下のように述べる。これなら3つの要素との関係も明確だ。(講義では「組織論」の翻訳引用なので、この部分を自分の言葉に修正はできない)
「組織とは、個人では達成できないことを他の人々と共通の目的として掲げ、その目的を他の人々と協働によって達成しようと、2人以上の人々とのコミュニケーションで調整された活動の体系である。」

 次に3要素の補足説明もバラバラで論理性に欠ける。
要素1:共通の目的 → 何を目指しているのか(ビジョン) を明確にする。
 (「共通の目的」に「明確にする」という動詞をつけただけの説明)
要素2:貢献(協働)意欲 → ビジョンを浸透させることで、貢献意欲を引き出す。
 (「貢献意欲」に「引き出す」という動詞を加えた上で、「ビジョンを浸透」という手段が書かれている)
要素3:コミュニケーション → フラットな組織等によって自由関達な組織を作る。
 (「コミュニケーション」には動詞が加えられておらず、手段だけが書かれている)

 この説明は揃えるべきだ。まあ、下記の改善例(左下図)でも完全にはそろっていないが、オリジナルよりはかなりまし。
要素1:共通の目的 → 明確すると、社員がまとまる
要素2:貢献(協働)意欲 → 浸透させると、自分は何ができるかを自発的に考える
要素3:コミュニケーション → 組織をフラットにすると、アイデアが生まれる

 ここで私は、「ビジョンを浸透させることで、貢献意欲を引き出す」に疑問が湧いた。なぜ、ビジョンを浸透させることで、貢献意欲が高まるのか?本当に、ビジョンを浸透させることで、貢献意欲が高まるのか?現実のビジネスの場では、ビジョンが明確であろうが、なかろうが、自分のやるべきことは決まっている。例えば、自社の製品やサービスを多く売ろうとか、他社より優れた製品を安い原価で製造しようとか。ビジョンが明確になったからといって、その行動が変わることはない。

 この疑問は、授業ノートに既に書いてある。授業を受けながら抱いた疑問だ。教科書読んでも疑問は解決しないので、「まとめノート」にも疑問のまま書く。これが学校な後日質問する(まあ、納得のいく回答は得られないだろうが)。

 3つの要素と組織の生誕との関係は論理的にはなったが、しかしこの論理性も、チェスター・バーナードの組織に対する定義の妥当性が前提だ。そもそも、「組織とはそんなものではない」とか、「組織にはもっと重要な役割がある」と言われてしまったら、チェスター・バーナードの組織に対する定義に基づく3つの要素は成立しない。チェスター・バーナードの定義の妥当性を検証する必要がある。しかし、講義でも教科書でもその検証はない。

というように、わずか1枚のスライドでも、考えるべきことは山ほどある。

MBA_org1.jpg


MBA_note1.jpg

「まとめノート」のトライアル その3
 早稲田大学エクステンション講座「12時間で学ぶMBAエッセンス」の「まとめノート」作成をトライアルしています。PowerPointを使った「まとめノート」作成を考えてみました。

 私が学生時代、「まとめノート」は完全に手書きでした。まあ、ワープロもない時代ですから。手で書き写しながらまとめていたのです。ですから、相当な時間が掛かります。

 今の時代、さすがに手書きはないので、まず考えたのはMS-WORDです。「まとめノート」の元になる教科書も配付資料も、スキャナで電子化すれば、教科書も図表もコピペできます。授業ノートの内容を書き足すのも楽です。

 しかし、教科書が「まとめノート」の元にならないことが分かったので、MS-WORDではなくPowerPointの使用を考えました。「まとめノート」の元が配付資料(PowerPointのスライドコピー)だからです。配付資料のポイントをPowerPointで表現し、ノートペインに教科書や授業ノートの内容を書き加えようと思ったのです。

 前提として、教科書と配付資料の電子化が済んでいること。いずれも、すべてのページをスキャナでpdfに落とし、OCRで文字は電子化してあること。pdf内の図表を切り出せる環境を持っていること。

 で、できたのが下の図。3枚の内、上は講師の配った配付資料から作成、真ん中は「まとめノート」PowerPointの画面。下はその印刷イメージ。

 配付資料では、ポイントが整理できていないので、整理し直しています。ポイントをスライドペインで整理し、ノートペインには教科書からの引用と授業ノートからタイプした情報を記載しています。教科書と授業ノートを区別するために、授業ノートからの情報はイタリックにしてあります。印刷時は色でも差を加えています。

 配付資料を、なぜこうまとめたかは次回。

MBA_org1.jpg


MBA_note1.jpg


MBA_note2.jpg

「まとめノート」のトライアル その2
 早稲田大学エクステンション講座「12時間で学ぶMBAエッセンス」を受講したので、「まとめノート」の効果的な作り方を考えてみたい。

 ベースとすべきは、やはり教科書だろう。教科書に書かれている内容から、エッセンスを学んだのだから。教科書から講義で振れた部分を、配付資料を参考にまとめ、授業ノートで補足すればよいだろう。まずはそう考えた。

 しかし、この教科書が分かりづらい。実は、オリエンテーションでは教科書を前もって読んでおくと理解が深まることは告げられていた。しかし、私は予習を半分あきらめた。なぜなら、教科書の説明が分かりにくくて、予習に時間が掛かりすぎるからだ。ビジネスパーソンだと、1.5時間の講義に、数時間の予習は厳しい。

 教科書が分かりづらいのは、読み込まないとポイントが分からないからだ。なぜそうなっているかと言えば、文章に総論がないからだ。パラグラフにトピックセンテンスがないからだ。あるいは、1つのパラグラフで複数のポイントを述べているからだ。ライティングの基本をまるで知らない。

 たとえば、教科書の「オペレーション・マネジメント」の項目を参考に説明しよう(下図参照)。「オペレーション・マネジメントとは」とタイトルの付いたこの項目は、「まず、オペレーションズ・マネジメント(OPM : Operations Management)
そのものについて説明していこう。」と始まる。アホか!「オペレーション・マネジメントとは」とタイトルが付いているところで、オペレーションズ・マネジメントを説明するのは当たり前だ。筆者は読者を馬鹿にしているのか!ここでまず書くべきことは、「オペレーション・マネジメントとは何か」だ。この肝心なことは、このパラグラフの最後の方に書いてある。ここまで読み込んで初めて、「オペレーション・マネジメントとは何か」がわかる。全部読んで、大事なポイントを見つけ出さなければならない文章だ。

 この講座では、コミュニケーション能力の重要性を述べているのに、講師ができていない。この講座の「人材マネイジメント」では、下図のような概念図で、コミュニケーション能力の重要性を述べている。しかし、講師の書いた本は読みにくいし、プレゼンテーションもポイントがわかりずらい。MBAでは、コミュニケーション能力の重要性を学んでも、そのスキルは学ばない。なんだかなあ(まあ、アメリカなら学部で既に勉強済みなのだが)。

 というわけで、教科書を中心に置くのは時間が掛かりすぎて非効率的だ。別の手法を考えることにする。

MBA_text.jpg



MBA_communication.jpg

「まとめノート」のトライアル その1
 早稲田大学エクステンション講座「12時間で学ぶMBAエッセンス」を受講したので、試しに「まとめノート」を作ってみようかと思う。

 前にも書いたことだが、あらためて記す。「ノートをとる」というノートには、「授業ノート」と「まとめノート」の2種類ある。この2つを混同してはならない。

 「授業ノート」では、講義内容の細部をメモするのであって、まとめをするのではない。細部、つまり具体例などをメモするのだ。まとめは、テキストなどに書いてあるのだから、授業中にメモする意味はない。だから、黒板(ホワイトボード)に書かれたことを中心にメモするのではない。少しでも重要と思うことはすべて書くのだ。何が本当に重要かは、受講中には十分判断できないこともある。だから、細かいことまで書くのだ。そこで、「ペン先から煙の出る速度」でノートを取るのだ。

 まとめを書くのは、授業後に作成する「まとめノート」だ。細部をメモした「授業ノート」とテキストを使って、自分がマスターすべきことをまとめていくのだ。『東大合格生のノートはかならず美しい』という本で言うノートとは、「まとめノート」だ。「授業ノート」は、「ペン先から煙の出る速度」で書くのだから、美しいはずがない。

 この「まとめノート」、どうすれば効率よく作れるだろう。「まとめノート」を作るのに使うのが、教科書、配付資料、「授業ノート」だ(下記の写真)。昔なら「まとめノート」はすべて手書きだ。しかし、今、教科書、講義配付資料は電子化できる。図は画像でコピペできるし、文字はOCRで認識できる。「まとめノート」を効率よく作る方法を考えていこう。

 ということで、次回に続く。




プロフィール

ロジカルスキル研究所代表

Author:ロジカルスキル研究所代表
ロジカルスキルを企業研修で指導しています。主な講座は、ロジカルライティング、ロジカルネゴシエーション、ディベート、ロジカルプレゼンテーション、英文テクニカルライティングです。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。