Logical Skill の深い話
Logical Skill (特にLogical Writing) について、著書(たとえば、「論理が伝わる世界標準の書く技術」講談社)には書かなかった、より深い話を紹介します。
08 | 2017/09 | 10
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

議論につながる質問
「グレーター東大塾」に参加している。この塾では、「双方向で活発な議論を期待する」ために、70分の講演後、60分という長いQ&A時間を設けてある。しかし、これがどうもうまく機能しない。

 日本人は、議論する文化がないので、議論につながる質問ができないのだ。議論につながる質問とは、受講者の質問に対して、講演者が回答したら、その回答に対して、さらに受講者が掘り下げた質問をし、また講演者が回答し、となっていく質問だ。例えば以下のようなイメージだ。
 受講者:「Uターン就職希望率が富山県で高いのはなぜですか?」
 講演者:「県がUターン就職支援をしていることと、比較的産産業が発達しているからでしょう」
 受講者:「では、なぜ、富山県と産業規模が同じ程度の他の県は、同じような支援をしないのですか?」
 講演者:「似たような支援を他の県もやっているのですが、富山県ほど効果が無いようです」
 受講者:「ということは、Uターン就職希望率が富山県で高い最大の理由は、就職支援ではないですね。他の要素は考えられませんか?」

 受講者のする質問のすべてが、議論につながらない。いや、質問者は、議論につなげる気が無い。つなげる気が無いので、平気で2つも3つも質問する。議論につなげるなら、質問は1つだ。複数の論点を同時並行で議論するのは、よほど議論慣れしていないと無理だ。議論につなげる気が無いので、講演者が回答したら、それでその話は終わりになる。深まりはしない。

 この講演が、一般的なプレゼンなら、一往復で終わるQ&Aでよい。だから、聞き逃したことや直感的に疑問に感じたことを聴けばよい。一往復だから、すぐに終わる。5分程度しかQ&A時間が無いときには適切なアプローチだ。

 議論につながる質問をするには、質問する側もかなり頭を使わなければならない。たとえば、以下のようなことを事前に考えてから質問することになる。
 ・こう質問したら、こういうことを説明するはずだから、さらにこう質問しよう
 ・もし、講演者が回答を持っていなかったら、自分はこう考えているといって、その考えへの意見を聞こう
 ・自分は、講演者とは異なり、こういう根拠でこう考えている。講演者は、自分の根拠に対して、どういう根拠でどう判断するだろうか。(議論の世界でいう論証型反論の準備)

 60分という長いQ&A時間を設けている意図を考えてほしい。
スポンサーサイト
鉛筆の先から摩擦熱で煙が出る速さでノートを取る
『一見、よくまとまっていると見える要約、まとめ、スローガンは要らない。そんなものはノートに書かなくてもいい。帰宅してノートを整理する時に書きこめば十分だ。具体的で面白い事実、目を低く(視線を低く) するとはじめて見えるような細かい事実、飾らないくだけた言葉……そういう類いの非インテリ的な事柄をノートするのだ。
 そういう目の低い「低級」なことを書くのだから、相当な量を書くことになる。相当な速度でノートをとる。鉛筆の先から摩擦熱で煙が出る速さだ。ボールペンの場合は、インクが油性で引火するおそれがある。教室には消火器を置く。…… といった速さだ。』(「大学の授業」宇佐美寛)

 「鉛筆の先から摩擦熱で煙が出る速さ」でノートを取った。今週から参加している「グレーター東大塾」だ。そういうノートを取ったのは久しぶりなので、ペンが上手く動かなかった。まあ、そのうち慣れるだろう。ちなみに、「インクが油性で引火するおそれがある」のは困るので、万年筆を使った。(笑)

『自分でノートをとるのは、緊張するためにとるのだ。ノートをとるためには、どうしても話の内容を頭の中で整理しなければならない。内容の構造を考え、どこが大事かを判断しないわけにはいかない。この過程が頭のためになる。考えながら聞く…… これで受身のテープレコーダーのような頭にならずにすむ。』(「大学の授業」宇佐美寛)

 「鉛筆の先から摩擦熱で煙が出る速さ」でノートを取るには、無茶苦茶集中する。頭の中はフル回転だ。疑問もたくさん出てくるので、それもノートに書く。1時間も続けると、頭が痛くなる。勉強して頭が痛くなるのも久しぶりだ。
マツダCX-5の電子取扱説明書(6)
 マツダCX-5の電子取扱説明書が、マニュアルコンテストで優秀賞を受賞したらしい。マニュアル作成の専門家(自動車業界の方ではない)から、「どう思いますか?」と聞かれたので、チェックしてみた。その第六弾。引き続き、自動巡航機能の説明の部分から。

 自動巡航機能(MRCC)の起動と設定は、下図のように説明されている。

 速度の設定までの説明は分かる。最初の「ONする」の説明で、MODEスイッチでONとなる。これで、速度や車間の設定ができるようになる。次の「速度を設定する」の説明で、指定速度で定速走行になることも分かる。

 しかし、ここで示されている表に、なぜ「追従走行時」のディスプレイ表示が示されているのか?まだ、「追従走行時」の説明はされていない。だから、追従走行の設定の仕方も分からない。それなのに、「追従走行時」のディスプレイ表示を示されても困る。

 さらに、どうすれば追従走行になるのか、探しても載っていない。取扱説明書は、次に「追従走行時の車間距離を設定する」となっている。つまり、「追従走行時」の車間の設定だ。そもそもの「追従走行時」への移行が載っていない。

 なんと、「知識を開く」をクリックすると、「追従走行時」に移行する説明(下記引用)が表示される。クリックしないと隠れたままだ。
---引用---
定速走行中に前方車を検知すると、ディスプレイに前方車表示が表示され、追従走行を行います。また、前方車を検知しなくなったときは、ディスプレイの前方車表示が消灯し、定速走行に切り替わります。
---引用---

 なぜ、こんな大事な情報が目立つところに書かれていない。
cx5_MRCC_on.jpg

マツダCX-5の電子取扱説明書(5)
 マツダCX-5の電子取扱説明書が、マニュアルコンテストで優秀賞を受賞したらしい。マニュアル作成の専門家(自動車業界の方ではない)から、「どう思いますか?」と聞かれたので、チェックしてみた。その第五弾。引き続き、自動巡航機能の説明の部分から。

 今日は注意表示。自動巡航機能の説明は、下図のような注意表示が、説明部分の最初のほうに記載されている。

 取扱説明する場合、注意表示には3種類ある。その差は明確に決められている。
危険:指示を守らないと死亡するか重傷負う可能性が極めて高い
警告:指示を守らないと死亡するか重傷負う可能性がある
注意:指示を守らないと軽傷を負うか、製品が壊れることがある

 この取扱説明書では、警告と注意の差を意識していないのではないだろうか?次の3つ(注意表示部分から引用)は、なぜ1つは警告で、残り2つは注意なのか?
警告:マツダ・レーダー・クルーズ・コントロール (全車速追従機能付) (MRCC (全車速追従機能付)) を使用しないときは、安全のためマツダ・レーダー・クルーズ・コントロール (全車速追従機能付) (MRCC (全車速追従機能付)) をOFFにする
注意:けん引されるとき、または、他の車をけん引するときは誤って作動しないようにシステムをOFFにしてください。
注意:シャシーローラーを使用するときは、シャシーローラー上を走行中に誤って作動させないよう、システムをOFFにしてください。

 そもそも、上記の警告は、その下2つの注意を含むのではないだろうか?注意表示は、たくさん書けばよいのではない。たくさん書けば、大事な注意が、どうでもよい注意に埋もれる。また、文章量が増えると、読み手が読まなくなる。このケースは、「MRCC を使わないときは、OFFに設定してください」の1つで十分だろう。

 言葉の使い方に一貫性がない。警告では「マツダ・レーダー・クルーズ・コントロール (全車速追従機能付) (MRCC (全車速追従機能付)) 」という長いバカげた表記を使っているが、注意では同じ機能を「システム」と呼んでいる。すべて、「MRCC」あるいは「MRCCシステム」でよいだろう。長い文は、ユーザーが読まなくなるので論外。言葉を不用意に変えるのも、混乱を招く可能性があるので避けるべきだ。

 さらに、自動巡航機能の説明の部分を読み進むと、最初に記載された注意とは、別の注意が記載されている。しかも、警告だ。なぜ、最初に書かない。ユーザーがマニュアルを、端から端まで読むと思っているのだろうか?大事なことは最初に書くのだ。
---引用---
警告
安全運転に心がける
定速走行機能使用中は追従走行を行わないため、警報やブレーキ制御が作動しません。周囲の状況に応じてブレーキペダルを踏んで減速するなど、前方車との車間距離を十分に確保し、安全運転を心がけてください。
---引用---

cx5_warning.jpg

マツダCX-5の電子取扱説明書(4)
 マツダCX-5の電子取扱説明書が、マニュアルコンテストで優秀賞を受賞したらしい。マニュアル作成の専門家(自動車業界の方ではない)から、「どう思いますか?」と聞かれたので、チェックしてみた。その第四弾。引き続き、自動巡航機能の説明の部分から。

 この自動巡航機能をONにする説明は、下図のように説明されている。

 操作の説明では、すべき操作と操作後の状況は分けるべきだ。一緒に述べれば文が長くなって分かりにくい。

---オリジナル引用---
MODEスイッチを1回押すと、マツダ・レーダー・クルーズ・コントロール (全車速追従機能付) (MRCC (全車速追従機能付)) がONになり、マツダ・レーダー・クルーズ・コントロール (全車速追従機能付) (MRCC (全車速追従機能付)) メイン表示 (白) が点灯し、速度の設定や追従走行時の車間距離の設定ができる状態になります。
また同時に、マツダ・レーダー・クルーズ・コントロール (全車速追従機能付) (MRCC (全車速追従機能付)) ディスプレイ表示がマルチインフォメーションディスプレイ、およびアクティブ・ドライビング・ディスプレイに表示されます。
---オリジナル引用---

---改善案---
MRCCをONにするには、MODEスイッチを1回押します。
 ・MRCCメイン表示(〇〇参照)が、マルチインフォメーションディスプレイ、およびアクティブ・ドライビング・ディスプレイに白く点灯します。
 ・速度の設定や追従走行時の車間距離の設定ができる状態になります。設定方法は、下記の〇〇を参照してください。
---改善案---

 添えられている図もダメだ。MODEスイッチは図で分かので、これはOK。MRCCメイン表示が分からない。スイッチを示した図の下にある図がMRCCメイン表示なのだが、説明がないので分からない。まして、「メイン表示 (白) が点灯」とあるのに、図は黒で表示されている。マルチインフォメーションディスプレイとアクティブ・ドライビング・ディスプレイが何かは、読み手が知っているとしても、そのディスプレイにMRCCメイン表示がどう表示されるのかが分からない。なぜ、マルチインフォメーションディスプレイとアクティブ・ドライビング・ディスプレイにMRCCメイン表示が表示される図を載せないのだろう。(実は、その図は、この説明のずっと前に載っている。アホか)

CX5_manual4

マツダCX-5の電子取扱説明書(3)
 マツダCX-5の電子取扱説明書が、マニュアルコンテストで優秀賞を受賞したらしい。マニュアル作成の専門家(自動車業界の方ではない)から、「どう思いますか?」と聞かれたので、チェックしてみた。その第三弾。引き続き、自動巡航機能の説明の部分から。

 この自動巡航機能の説明は、以下のような見出しで構成されている。
・マツダ・レーダー・クルーズ・コントロール (全車速追従機能付) (MRCC (全車速追従機能付)) ディスプレイ表示
・接近警報
・設定するとき
  ONする
  速度を設定する
  追従走行時の車間距離を設定する
  設定速度を変更する
  一時的に解除されるとき
  OFFする
  再発進するとき
  発進報知
・マツダ・レーダー・クルーズ・コントロール (全車速追従機能付) (MRCC (全車速追従機能付)) 警報
・定速走行機能
  定速走行機能に切り替えるとき
  速度を設定するとき
  設定速度を上げるとき
  設定速度を下げるとき
  解除するとき

 この見出しを見ても無茶苦茶。ロジックが縦にも横にもなっていない。ただ、思いついたことを思いついた順に書いたような印象。あまりに並列感に乏しい。

 この見出しから考えられる疑問を、思いついた順に書きましょう。
・「接近警報」と「マツダ・レーダー・クルーズ・コントロール (全車速追従機能付) (MRCC (全車速追従機能付)) 警報」は違うのか?
・前半にある「速度を設定する」と後半の「速度を設定するとき」は違うのか?
・前半にある「追従走行時の車間距離を設定する」と後半の「定速走行機能に切り替えるとき」は違うのか?
・「設定速度を変更する」と「設定速度を上げるとき」、「設定速度を下げるとき」は違うのか?
・「定速走行機能」という項目があるのに、「追従走行」という項目はなぜないのか?

 例えば、以下のような見出しなら分かります。
・MRCCを設定する
  定速走行
  追従走行
・走行中に設定を変更する
  速度の変更
  車間距離の変更
・MRCC設定中の警告
・MRCCの自動解除
・MRCCを解除する
・MRCCを再稼働する
マツダCX-5の電子取扱説明書(2)
マツダCX-5の電子取扱説明書が、マニュアルコンテストで優秀賞を受賞したらしい。マニュアル作成の専門家(自動車業界の方ではない)から、「どう思いますか?」と聞かれたので、チェックしてみた。その第二弾。引き続き、自動巡航機能の説明の部分から。

 自動巡航機能の説明は、総論に相当する記述から始まる。

 まず、定義を述べた最初の文が長すぎる。見ただけで、読む気が無くなる。説明も不十分。
---引用---
マツダ・レーダー・クルーズ・コントロール (全車速追従機能付) (MRCC (全車速追従機能付)) は、レーダーセンサー (フロント) が前方車を検知することで、運転者がアクセルペダルやブレーキペダルを踏まなくても、設定した速度での定速走行や、前方車との車間距離を車速に応じて一定に保つ追従走行ができるシステムです。
---引用---

 最初の文は、可能な限り短く述べる。最初の文とは、パラグラフのトピックセンテンスや結論の文だ。このような大事な文は、大事な情報だけで短く述べる。短い文だから、大事な内容がすっと頭に入る。長い文は、人間の短期メモリーの容量を超えるので理解できない。人間の短期メモリーの容量は、7±2といわれている。7±2単語までで1文を終えるのだ。

 だから、この部分は、例えば以下のように述べる。
---修正案---
MRCCは、 設定速度での定速走行や、車間距離を一定に保つ追従走行ができるシステムです。MRCCが、レーダーセンサーで前方車を検知するので、運転者はアクセルペダルやブレーキペダルを踏む必要はありません。前方に車がないときは、速度が設定値に保たれます。前方に車があるときは、車間距離が車速に応じて一定に保たれます。
---修正案---

 上記の定義の文の下にある説明のムービーは、本文で参照すべき。ムービー以外のグラフや表、図解も、必ず本文で参照する。
---修正案---
 MRCCの正確なイメージを理解したい方は、下のムービーをご覧ください(再生するには、ムービー中央の▷をクリックします)。
---修正案---

 定義文とムービーの下に載っている説明(下の引用)も、次の点で不十分だ。
 1.1文が長い
 2.パラグラフのレイアウトを守っていない(1文ごとに改行してある)
 3.各論を十分に反映していない(総論で述べていないことが、各論で長々述べられている)
 
---引用---
また、追従走行時に前方車が急ブレーキをかけたときなど、前方車に接近したときは、警報音と同時にディスプレイに警告を表示し、車間距離を十分確保するようお知らせします。
前方車に追従して停車したときは、自動で停車状態を保持 (停車保持制御) し、運転者がRESスイッチを押すなどの発進操作を行うと、追従走行を再開します。
マツダ・レーダー・クルーズ・コントロール (全車速追従機能付) (MRCC (全車速追従機能付)) を使用するときは、使用前に次の記載もあわせてお読みください。
---引用---

 各論を十分に反映していないのは、各論の構成が無茶苦茶だからだ。それはまた次回。
マツダCX-5の電子取扱説明書(1)
 マツダCX-5の電子取扱説明書が、マニュアルコンテストで優秀賞を受賞したらしい。マニュアル作成の専門家(自動車業界の方ではない)から、「どう思いますか?」と聞かれたので、チェックしてみた。突っ込みどころ満載です。しばらくシリーズで、問題点を指摘していこう。

 電子取扱説明書は、ホームページ式で閲覧するよう特化されています。紙の取扱説明書をpdfにしたのではありません。そのため、リンクをクリックすることで、目的の説明に素早く飛べます。また、画面サイズ(PCかスマホかなど)によって、自動で表示が変わります。ここはとってもgood。

 まず、注目したのは、自動巡航機能。
---原文引用 開始---
マツダ・レーダー・クルーズ・コントロール (全車速追従機能付) (MRCC (全車速追従機能付)) とは
マツダ・レーダー・クルーズ・コントロール (全車速追従機能付) (MRCC (全車速追従機能付)) は、レーダーセンサー (フロント) が前方車を検知することで、運転者がアクセルペダルやブレーキペダルを踏まなくても、設定した速度での定速走行や、前方車との車間距離を車速に応じて一定に保つ追従走行ができるシステムです。
---原文引用 終了---

 なんだ、「マツダ・レーダー・クルーズ・コントロール (全車速追従機能付) (MRCC (全車速追従機能付)) 」という表記は。「全車速追従機能付」がかぶっているし。なぜ、1つの機能に「マツダ・レーダー・クルーズ・コントロール」、「全車速追従機能付」、「MRCC」という3つの名称を付けているのかわからない。しかも、このあとずっと、「マツダ・レーダー・クルーズ・コントロール (全車速追従機能付) (MRCC (全車速追従機能付)) 」という長い表記が何度も登場する。

 ここは、「マツダ・レーダー・クルーズ・コントロール (MRCC) 」という表記でいいのでは。この後は、MRCCで通していく(少なくともMRCCを説明しているこの数ページでは)。もし、英語だと分かりにくいというなら、「自動巡航機能(Mazuda Radar Cruise Control: MRCC)」でもいいだろう。いずれにしろ、この後は、MRCCという呼び方を使う。

 「全車速追従機能付」という名称もダメだ。漢字をつなぎすぎている。漢字の接続は、最大で3集合体まで。たとえば、「電子・取扱・説明書」はOK。「全車速追従機能付」じゃあ、どこで切るのか、一瞬迷う。「全車・速追」と読み始めて、間違いに気づく。「全・車速・追従・機能・付」は無理。


プロフィール

ロジカルスキル研究所代表

Author:ロジカルスキル研究所代表
ロジカルスキルを企業研修で指導しています。主な講座は、ロジカルライティング、ロジカルネゴシエーション、ディベート、ロジカルプレゼンテーション、英文テクニカルライティングです。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム