Logical Skill の深い話
Logical Skill (特にLogical Writing) について、著書(たとえば、「論理が伝わる世界標準の書く技術」講談社)には書かなかった、より深い話を紹介します。
06 | 2017/07 | 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

隆車に歯向かう蟷螂の斧
 隆車に歯向かう蟷螂の斧。ライティングを指導していると、この言葉を実感して心が折れそうになります。その例をご紹介しましょう。

 ずいぶん昔、学校の先生が集まるような勉強会で、小論文の書き方を紹介したことがあります。テクニカル・ライティングをベースに、論理的な小論文の書き方を紹介しました。その実例として、欧米のアカデミック・ライティングの教科書に載っている例を使いながら説明しました。

 この講座の中で、2つの小論文を読み比べてもらいました。1つは、アカデミック・ライティングの教科書に載っている例を和訳した文章。もう一つは、日本で「小論文の神様」と言われる方の著作に掲載されていたよい例です。読み比べてもらうときには、両方の文章とも、出典は伝えませんでした。出典を示さなかったのは、バイアスのない状態で読んでもらいたかったからです。

 読み比べてもらった結果、アカデミック・ライティングの教科書に載っている例が圧倒的的な支持を得ました。「小論文の神様」のよい例は、罵詈雑言の嵐です。バイアスのない状態で読んでもらえれば、学校の先生なので、よいか悪いかは判断が付くのです。出典を明らかにすると、どよめきが起こりました。「こんな文章をよい文章として崇めていたのか」と。

 この講座に感化されたある先生が、自分の学校で、正しい文章を指導しようとしたそうです。どのような指導をされたのかはわかりません。しかし、従来の書き方は間違っていて、正しい書き方があることを伝えようとしたようです。

 しかし、同僚の先生から、反論が相次いであきらめたとのことです。「小論文の神様」の信者が多いのです。正しいかどうかではありません。多数派(隆車)に勝てないのです。少数の正しい意見(蟷螂=カマキリ)は、多数の間違った意見(隆車)に押しつぶされてしまいます。

 結果、今でも日本人の書く小論文は、非論理的で分かりにくです。欧米との距離は全く縮まっていません。


スポンサーサイト
テクニカル・ライティングを知らなくても…
 2日連続で同じ質問があった。「テクニカル・ライティングに基づく書き方は、テクニカル・ライティングを知らないと効果はないのではないか」という質問である。しかし、そんなことはない。

 この質問が出る背景には、「正しく書けた文章は、パラグラフの先頭文だけでロジックが通る」という説明を頭に置いているのだろう。確かに、パラグラフを正しく使って書けば、パラグラフの先頭文だけでロジックが通る。だから、パラグラフの先頭文だけを読み、必要なパラグラフだけを読むという読み方ができる。しかし、「正しく書けた文章は、パラグラフの先頭文だけでロジックが通る」ことを知らないなら、この読み方はできない。

 しかし、忙しいビジネスパーソンは、文章を効率よく読もうと思っている。文章のすべての部分を、隅から隅までじっくり読んだりはしない。短時間で必要な情報をほしがっている。だから、無駄なところを飛ばして読むのは、ごく普通の行為だ。

 テクニカル・ライティングを知らない人でも、効率よく読もうとすれば、読むべきところは決まっているのだ。まず、文章の最初のパートを読む。いきなり真ん中から読み出す人はいない。飛ばすにしてもランダムには飛ばさない。見出しやキーワードを頼りに飛ばす。さらに、パラグラフの先頭文は読む。パラグラフの真ん中から読み出す人はいない。

 ということは、テクニカル・ライティングに基づけば、テクニカル・ライティングを知らない人でも効率よく情報を入手できる。テクニカル・ライティングに基づけば、文章の最初のパートには、重要な情報がまとめて書いてある。パラグラフの先頭文にはキーワードが含まれているし、そのパラグラフのポイントが書いてある。

 テクニカル・ライティングは、人間の認知心理に基づいているのだ。だから、テクニカル・ライティングを知らなくても、効率よく伝達できるのだ。
英会話はなきなが勉強する
 商売柄、時々、「英会話が上達するにはどうしたらいいですか?」と聞かれる。私は、「泣きながら勉強するんだ」と答える。

 フルタイムで働いている人間が、日本に在住しつつ、英会話を習得するのはかなり大変だ。多くの場合、定時には帰れない。その生活の中で、英会話を勉強する時間を確保しなければならない。まあ、90%以上の確率で挫折する。

 しかし、英会話を習得するためには、相当量の勉強が必要だ。一般に、TOEICの点数を1点上げるのに、英会話のレッスン2時間が必要と言われている。英語を公用語とした楽天は、そのためには1,000時間の勉強が必要と考えていた。NHKで英会話のラジオ番組を担当してた杉田聡氏は、2,000時間が必要と述べている。

 かつ、その勉強は短期になされなければならない。10年かけて1,000時間確保しても意味はない。週5時間未満の英会話のレッスンなら、現状維持が精一杯らしい。短期に集中すれば、半年で話せるようになる。少なくとも、私はそうなった。

 大量の勉強時間を短期に確保するには、泣きながら勉強するしかない。つまり、他のすべてを犠牲にするしかない。遊んでいる暇はない。仕事以外のすべての時間を英語の勉強に使うかう覚悟が必要だ。その覚悟がないなら、たとえばデートしたいと思うなら、英会話習得はあきらめざるを得ない。

 フルタイムで働きながら、英会話を習得したいなら、「泣きながら勉強するんだ」よ。
授業で取るノートは、話のポイントをまとめるのではない


 2017.7.15の読売新聞夕刊から。違う!何も分かってはいない!

 授業で取るノートは、話のポイントをつかんでまとめるのではない。まとめは、テキストや資料に載っているはずだ。そんなことをノートに取る意味はない。テキストや資料に載っているのだから、「スマートフォンで撮影したり、配布資料にメモする程度で済ませたり」「ノートを持ち歩かない」のは当然だ。 

 ノートに取るのは、話のポイントを理解するために必要な具体例や例えだ。テキストにも資料にも載っていないことを詳細に記録するのだ。抽象的なまとめでは理解できない。具体例などを通じて正確に理解できるのだ。詳細に記録するから、「ペン先から煙が出る速度」で記録するのだ。まとめは、授業が終わってからする行為だ。

 「話のポイントをつかんでまとめる習慣ができれば、社会に出てから必ず役に立つ」ことはない。社会に出れば、話のポイントはまとめてあるはずだ。話のポイントがまとめてないなら、「話のポイントをまとめてください」と言うべきだ。聞き手側が自分勝手にまとめれば、話して側の意図とは違う理解になりかねない。

 「ノートを評価する入試」も馬鹿げている。いかにまとめたかを評価する意味はない。ノートの取り方を試験したいなら、「講義で説明のあった〇〇というポイントについて、具体例を使って説明せよ」とすればよい。もちろん、その具体例は講義の中で述べているのが前提だ。蛇足だが、講義で使われなかった具体例でも、適切な具体例なら正解とすべきだろう。

 さらにいえば、「読解力低下に通じる」「ネット上の短いやりとりが主流となり、相手の話にじっくり耳を傾ける姿勢が失われている」も的外れだ。単に、指導者が正しい指導ができないだけだ。
箇条書きで注意すべきこと
 箇条書きは読みやすいのでビジネス文章にはよく使われます。簡単なようですが、結構注意すべきことも多いです。

1.公式性の低い文章に使う
 箇条書きは、ベタの文章に較べると、公式性に劣ります。したがって、公式性の高い文章、たとえば学会論文などには使いません。社内文書などに適した書き方です。学会論文などでは箇条書きが使えないので、ベタの文章中に番号、たとえば(1)のように、書き入れることがあります。

2.羅列できる情報だけを並べる
 箇条書きできるのは、羅列できる情報だけです。羅列できる情報とは、並列している情報か、ステップ・バイ・ステップのような情報です。普通の文章、たとえば、このパラグラフの文章を、読みやすいからと言って箇条書きしてはいけません。「この文章を箇条書きするわけはない」と思うかも知れませんが、そういう文章を書く人は結構います。

3.同じ種類の情報だけを並べる
 箇条書きできるのは、同じ種類の情報だけです。同じ種類、つまりメリットならメリットだけを箇条書きします。その箇条書きに、デメリットを書いてはいけません。これも当たり前のように感じますが、できない人は多いです。

4.同じ形に揃える
 箇条書きされている情報は、可能な限り形も揃えます。文なら文で、名詞で終わるなら名詞で終わるように統一します。ただし、若干の不揃いは許容すべきことも多いです。

5.数字と記号は使い分ける
 文頭を数字にするか、記号(●など)にするかには意味の差があります。数字を使うときは、序列がある場合か、後で参照したい場合です。ステップ・バイ・ステップのような情報は、序列があるので文頭を数字にします。この文章の見出しに番号を置いていいるのは、参照しやすくするためです。普通に並列するだけなら、記号を使います。記号を使った場合、重要な順に並べるのを基本とします。

6.記号は意味で統一する
 文頭を記号にするとき、同じ並列なら同じ記号を使います。たとえば、あるページで注意事項を●で箇条書きしたら、別のページの注意事項も●で箇条書きします。記号をむやみに変えてはいけません。

 ざっと、思いつくままにポイントを紹介しました。箇条書きひとつでも注意すべきことはたくさんあります。
従来の書き方に引きずると、おかしな文章ができる
 ロジカルライティングの受講者の中には、これまでの書き方を捨てられない人が多い。従来の書き方に引きずったまま、新しい書き方で書こうとすると、おかしな文章ができる。

 私は、ビジネスレポートの先頭に置く総論を、下記のようなパターンを基本として指導する。総論を目的と要約に分けて、要約のパートでは、結論の文の後に、調査結果などの重要な情報を列挙する。パターンを使うのは、何もなしに、「レポートの最初には重要な情報をまとめてください」とだけ言っても書けないからである。まあ、まとめるときの目安だ。

 このパターンで総論を書いてもらうと、パターンから外れる人が出てくる。結論の文の後に、調査結果などの重要な情報を列挙し、さらに何かまとめのようなことを述べる。しかも、そのまとめは、結論の文とは内容が異なっている。つまり、まとめの文が最初と最後の二カ所にあって、しかも内容が違うのだ。

 なぜこのようなパターンから外れる文章になるかというと、従来の書き方に引きずっているからだ。従来は、最後にポイントを述べてきた。だから、重要な情報を列挙したあと、何かまとめのようなことを述べないと気持ちが悪いのだ。最後に結論の文と同じ主旨のことを繰り返すなら、まだ許せる。しかし、多くの人は、結論の文を取って付けたように作り、最後に本当に言いたいことを述べてくる。

 従来の書き方に引きずると、おかしな文章ができる。
「労働時間が長くなると、生産性が下がる」か?
 ちょっと、バタバタしていたので、久しぶりの投稿です。

 働き方改革と言うことで、長時間労働を是正しようという動きがある。この話の中で、因果を取り間違えているのではないかと思う説明を見かける。

 改革推進派は、「労働時間が長くなると、生産性が下がる」と主張する。たとえば、「種の起源」で有名なチャールズ・ダーウィンや、「19世紀最高の数学の天才」と言われるフランスの数学者アンリ・ポワンカレは、4時間しか働かなかったと。あるいは、週60時間以上働く人は、生産性が低いというデータがあるとか。だから生産性を高めるには労働時間を減らしたり、適度に休息を取ったりすること重要だというわけだ。

 しかし、因果の取り間違え、つまり、「生産性が低いから、労働時間が長くなっている」と言えないだろうか。4時間しか働かなかったから、天才的な成果を残したのではなく、天才だから4時間しか働かなくても成果が出たのではないのか。生産性が低いから、週60時間以上働かねばならにではないのか。労働時間を減らしたり、適度に休息を取ったりすれば、さらに生産性の低下を招かないか。

 断っておくが、「労働時間が長くなると、生産性が下がる」ことを否定しているのではない。示されたデータでは、「労働時間が長くなると、生産性が下がる」ことを論証できないと言うことだ。「労働時間が長くなると、生産性が下がる」ことを論証するには、別のデータを示す必要があると言うことだ。たとえば、ある作業を長時間だらだら続けた場合と、短時間で集中した場合で、短時間でやった方が作業の質や量が優れていることを示すデータだ。

 正直、「労働時間が長くなると、生産性が下がる」に、私は懐疑的だ。長時間労働している人は、仕事が終わらないので長く働いているのだ。短い時間で同じ質の仕事ができるとは思わないだろう。その仕事がきわめてクリエイティブなものであれば、短い時間で高い質の成果を出すこともあるだろう。しかし、そんなクリエティブナ仕事ばかりしている人は、日本にはほとんどいないだろう。

 因果の取り間違えは、結構やりがちな落とし穴だ。
最初の10年が人生を決める
 "The most important period of researchers is the first ten years."  ある大手建機会社の研究所の応接室に飾られていた色紙にあった言葉だ。(訳:研究者にとって最も大切な期間は、最初の10年である)

 この言葉に、私は共感する。ただ、研究者に限らず、ビジネスパーソン全員に言えることだと、私は思う。私がフリーランスで生活していけるだけのスキル(その基本)を身につけたのは、社会人になって10年以内だ。ライティングも、論理的思考も、プレゼンテーションも、30代半ばまでは必死に勉強した。基本はこの時期までにできあがっている。

 最初の10年頑張ってしまえば、あとは流れに身を任せるだけだ。特別何もしなくても、周りから依頼だの仕事だのが舞い込む。それをこなしていると、さらに知識やスキルが高まる。そうなると、さらに依頼だの仕事だのが舞い込む。好循環が生まれる。

 最初の10年が、その後の人生を大きく左右する。


プロフィール

ロジカルスキル研究所代表

Author:ロジカルスキル研究所代表
ロジカルスキルを企業研修で指導しています。主な講座は、ロジカルライティング、ロジカルネゴシエーション、ディベート、ロジカルプレゼンテーション、英文テクニカルライティングです。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム