Logical Skill の深い話
Logical Skill (特にLogical Writing) について、著書(たとえば、「論理が伝わる世界標準の書く技術」講談社)には書かなかった、より深い話を紹介します。
08 | 2017/09 | 10
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

重要性の低い情報は、わざと読みにくくする
 前回、重要な情報をぼかさないために、わざと一文二義で書いた文章を紹介した。あの説明はこじつけではない。情報を並列するとき、重要な情報を強調するために、重要性の低い情報を、わざと読みにくくしたり、説明を簡略化する。このテクニックは、ライティングを学ぶものは知っておくべきことだ。

 たとえば、下の文章で説明しよう。出展は、昨日と同じ、「第16回 早稲田大学―ミシガン大学 科学・工業英語検定試験」の模範解答である。このレポートでは、ダムの建設と操業の両方から、一部の野生動物が絶滅する危険を報告している。
Eland. The eland will receive substantial negative impact from:
 ● the work force village
 ● the filling of the reservoir
 ● the construction of transmission lines
 ● the permanent village
 ● fishing and livestock activities.
It will receive minor negative impact from the control of waterflow and agricultural development.

 このパラグラフで、substantial negative impact は箇条書きで紹介しているのに、minor negative impact はベタの文で紹介している。minor negative impact を箇条書きしないのは、substantial negative impact を強調するためだ。書き手は、この2つを意図的にかき分けているのである。
スポンサーサイト


プロフィール

ロジカルスキル研究所代表

Author:ロジカルスキル研究所代表
ロジカルスキルを企業研修で指導しています。主な講座は、ロジカルライティング、ロジカルネゴシエーション、ディベート、ロジカルプレゼンテーション、英文テクニカルライティングです。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム