FC2ブログ
Logical Skill の深い話
Logical Skill (特にLogical Writing) について、著書(たとえば、「論理が伝わる世界標準の書く技術」講談社)には書かなかった、より深い話を紹介します。
09 | 2018/10 | 11
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリティカルシンキング講座の体験報告(1)
 先日、グ〇ービス社(この伏字じゃあ、どこだかまるわかりだ)のMBAクリティカルシンキング講座を1時間体験してきた。色々感じることがあるが、今日はグループワークについて。

 この会社は、講義でグループワークを重視している。そのホームページにも、次のような記載がある。
「グロービスの授業では、グループディスカッションや相互フィー ドバック、クラス全体でのディスカッションを通じて、自分の思考プロセスを客観的に振り返る機会が数多く設けられています。」

 私の研修でも、グループワークが効果的と思うときは、グループワークを使う。たとえば、以下のような場合。
 ・ディベートやネゴシエーションのように、一人ではできない演習
 ・正解のない問題を検討するのにあたり、ほかの人の切り口が参考になる場合

 しかし、今回の講座のグループワーク:「メンバーで共通することを5つ見つけてください」がどうにも理解できない。なんだこのテーマ?このテーマをグループで話し合う意図がわからない。答えは「目が二つある」でもいいのか?ちなみに、このグループワークはアイスブレークではない。すでに、アイスブレークを兼ねた自己紹介などは終わっている。案の定、「日本人」とか、どうしていいのかわからない答えが出てくる。クリティカルシンキング講座なのに、この非論理性は何?

 さらに次のテーマが、「共通する項目をブレークダウンして、より具体的な項目を見つけ出してください」は無理。このテーマの意図は、「全員が酒好き」という共通する項目を見つけたら、さらに「全員がビール好き」のようにブレークダウンしてほしいらしい。しかし、メンバー全員が同じはそう簡単ではない。結局、全グループが1つとしてブレークダウンできなかった。

 結局、このグループワークの意図は、受講者には全く伝わらなかった。講師は、「抽象から具象、具象から抽象に、自由に発想を行き来できることが、クリティカルシンキングでは大事」ということを言おうとしたかったらしい。しかし、このグループワークでは、そんなことは理解できなかった。いや、そもそも、「抽象から具象、具象から抽象に、自由に発想を行き来できることが、クリティカルシンキングでは大事」ということを伝えようとしていたことすら、受講者は気が付かなかったろう。なにしろ、このまとめは、テキストにもスライドにも登場しない。私が、「ペン先から煙が出る速度で」ノートをとっていたから、メモできたのだ。

 なぜ、こんなバカな講義が行われるかというと、講師が未熟だからだ。この会社の講義は、教科ごとにテキストは決まっていて、複数の講師が担当する。講師は、その教科を少し勉強しただけで、人が作ったテキストとプログラムに基づいて講義を行う。まあ、業界でいう「しゃべくり講師」だ。話し方は上手でも、教科に関するスキルは浅い。このテーマでグループワークをすると決まっているので、意味があるかは思考せずに、ただグループワークをやっているのだ。

 オープニングからいきなり、「なんだこれ?」と思いつつ、次回に続く。
スポンサーサイト
Google翻訳を英語ライティングの指導に活用
 今でも、ときどき、英語のテクニカル・ライティングを指導するときがある。指導を始めたころに比べると、時代に合わせて指導方法が変わってきた。今回、新たな試みをすることに決めた。

 昔は、紙の辞書が中心だった。講師も受講生も、紙の辞書を頼りに英文を書いていた。

 電子の時代となり、紙の辞書は、電子になった。辞書の表記や例文集の記述を、パソコンを使ってプロジェクターに表示できるようになった。これでかなり指導しやすくなった。「辞書にこう書いてある」とか、「例文集を見れば表現がわかる」とプロジェクターで示せた。

 さらに、インターネットの時代になって、例文集としてWEBが使えるようになった。例文集を購入しなくても、Weblioで例文検索が無料でできるようになった。Googleの検索機能を使えば、よく使われる表現なのかどうかも、ヒット数から判断できるようになった。

 さらに時代は進み、今後は、Google翻訳を活用しよう。従来、「この日本語を英訳してください」としていた出題は、「この日本語をGoogle翻訳で英訳するとこうなります。この英語をより適切な英語に直しましょう」と出題することにした。ビジネスの現場で英文を書く時、「Google翻訳を使ってはいけません」なんてことはあり得ない。使えるものは総動員して、生産性を高めるべきだろう。

 そのうち、科学が進めば、英語のライティングは指導する必要がなくなるかもしれない。まあ、それは私が生きているうちはないだろう。
カスタマイズお断り
 私は、講座のカスタマイズを、承ることはありません。カスタマイズは、スキル習得上、何のメリットもないからです。

 時々、研修担当者が、自社向けのカスタマイズを要求してきます。たとえば、ライティング講座やディベート講座で、自社に関係した内容の文章やテーマを扱ってくれと。あるいは、内容が古いから、新しい内容にしてくれとか。

 私は、この手のカスタマイズをお断りしています。なぜなら、用意している文章やテーマは、学習効果を高められるよう、10年以上かけて練り込んできているからです。時には、講座の別の部分とつながりを持たせていたりもするからです。受講者に身近であるという理由だけで、文章やテーマを変えれば、学習効果が下がるだけです。

 たとえば、ロジカルライティング講座では、「ソニー社のAIBOを分析する」というテーマでレポートを作成する課題を使います。この課題は、ロジックを縦と横で組むことを学習するのに最適だからです。他のテーマの課題も持ち合わせはありますが、このテーマ以上に、ロジックを縦と横で組むことを学習するのに適したテーマはありません。

 しかし、研修担当の中には、「AIBOは古いので別のテーマに」と言ってくる人がいます。テーマの新旧は、文章の書き方と関係がありません。最新のトピックにしても学習効果に何の影響もありません。逆に、ロジックを縦と横で組むことを学習しにくくなるので、大きなマイナスです。

 ただ、学習したことの応用として、受講者がよく書く文章を引き合いに、説明を付け足すことはやります。
 
居眠りしている受講者はそのままで
 研修中、居眠りをしている受講者がいる。私は、基本的には起こさない。

 私の研修は講義中心だが、居眠りをしている受講者はほとんどいない。私の理想は、聞けば聞くほど興味がわいて目が覚める講義だ。講義の内容も、話し方も、そうなるように工夫しているつもりだ。だから、一瞬気を失うような人はいても、居眠りを続ける人は少ない。

 そうはいっても居眠りをする人がいるが、私は起こさない。起こす努力もしない。居眠りしている人は、ある意味、見捨てている。起こしたとしても、居眠りするような意識なら、講義内容はどうせ身につかない。居眠りしていても身につくような、そんなに簡単な内容ではない。

 時々、研修担当の人が、居眠りしている人を突っついて起こすことがあるが、私は「寝かしといてあげれば」と思う。どうせ身につかないなら、居眠りを続けた方が本人のためだ。起こして無理矢理聞かせることに意味はない。

 唯一、居眠りを起こそうとするのは、いびきをかいている場合だ。さすがにいびきは講義の邪魔になる。研修受講中、いびきをかいて寝るとは、すごいなあ。
受講者の指名順
 研修をやっていると、受講者を指名しして、質問に答えてもらうときがある。受講者をランダムに指名しているのではない。

 時間が押しているなら、正解を答えてくれそうな受講者を指名することがある。正解を答えてくれた方が、講義が早く進むから。この指名はちょっとずるいかな。

 逆に、正解を答えては困る場合は、答えられそうもない人を指名する。講義の流れで、正解ではなく、間違えてもらった方がよいときもあるのだ。特に、典型的な、こちらが待っている誤答をしてくれると、講義が上手く進む。

 居眠りしている人の隣の人を指名する。居眠りしている人は指名しない。居眠りしている人を指名しても答えられないので無駄。隣の人を指名すれば、回答する声で、寝ていた隣の人も目を覚ましやすい。

 年配の方には、正解しやすい問題で指名する。歳を取るにつれ、変なプライドを持つ方がたまにいる。質問に正解できないと恥ずかしいと感じてしまうらしい。少数派だが、年配の方には若干いる。

 基本的には、指名回数が均等になるように指名する。だから、だれを指名したかを名簿にチェックする。たまに、やる気のない受講者がいると、二日間で一度も指名しない。やる気のある受講者を優先する。

 最も難しい問題には、最も真剣な受講者を指名する。難しい問題は、ぼーと考えているようでは、正解を望めないから。


プロフィール

ロジカルスキル研究所代表

Author:ロジカルスキル研究所代表
ロジカルスキルを企業研修で指導しています。主な講座は、ロジカルライティング、ロジカルネゴシエーション、ディベート、ロジカルプレゼンテーション、英文テクニカルライティングです。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。