Logical Skill の深い話
Logical Skill (特にLogical Writing) について、著書(たとえば、「論理が伝わる世界標準の書く技術」講談社)には書かなかった、より深い話を紹介します。
10 | 2017/11 | 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

小論文の分析
 小論文は、論理的な文章を書く練習に効果的だという話の続き。市販されている小論文の書き方の本を見れば、非論理的な文章のサンプルを簡単にみつけられる。

 最後に引用した文章は、小論文の書き方の本に掲載されている模範解答例だ。ちなみに、著者は「小論文の神様」と崇められる、業界では有名人だ。

 4つのパラグラフでできた文章だが、各論である第2、3パラグラフを注目すると、ロジックができていない。2つのパラグラフの先頭文(本来、トピックセンテンス)では、ロジックがわからない。
 「確かに、日本ほど独自の文化が保持されている国は多くない。」
 「文化というものは、ほとんどが混合によってできている。」

 パラグラフの中まで丁寧に読んでもロジックがわかりにくい。最大の問題は、「独自」と「特殊」という言葉を、筆者の中で使い分けているが、読み手に正確に伝わっていないことだ。おそらく、筆者は「特殊」=他に類例を見ない「独自」性と考えているのだろう。しかし、説明がないのでわからない。ちなみに、広辞苑によると、「独自」と「特殊」の定義は以下のようで、大差はない。
「独自」:他と異なり、そのものだけに特有であること
「特殊」:普通と異なること。特別であること。

 さらに、1つのパラグラフで2つのことが述べられているのも分かりにくくしている。
第2パラグラフ
「日本ほど独自の文化が保持されている国は多くない」
「日本だけが特殊とは言えないはずである」
第3パラグラフ
「文化というものは、ほとんどが混合によってできている」
「自分たちは特殊だと決めつけていたのでは、国際社会で孤立するばかりである」

 特に第3パラグラフは、話がずれたようにも読める。この文章は、最初、「他に類例を見ない特殊で独特の文化である」かどうかという事実認定だった。しかし、後半は、「他に類例を見ない特殊で独特の文化である」と考えることが良いか悪いかに変わっている。一つのパラグラフで変わってしまったので、話がそれた印象を与える。

 結局、筆者のロジックは以下のような構成なのか?(私の読み取り)
「日本文化は「独特」といえるだろう」
「しかし、日本文化が「独特」だとしても、「他に類例を見ない特殊で独特」とは言えまい」
「仮に日本文化が、「他に類例を見ない特殊で独特」であったとしても、そのような考え方を持つべきではない。」



「新『型』書き小論文」 (樋口裕一) の模範解答例より引用-------------------------------------

「日本文化は世界の中でも他に類例を見ない特殊で独特の文化である」という考え方に、あなたは賛成ですか、反対ですか。①賛成か、反対かを記した上で、②あなたがそう考える理由を、具体的な事例をあげながら八00字程度の文章にまとめて述べなさい。

 私は「日本文化は世界の中でも他に類例を見ない特殊で独特の文化である」という考え方に反対である。

 確かに、日本ほど独自の文化が保持されている国は多くない。歌舞伎や相撲、神社、そして、着物や日本家屋や日本庭園などは独自の文化だと言っていいだろう。とりわけ、私が日本人の独自性を感じるのは、俳句や和歌や寺院などに見られる日本人特有のわびさびの美学である。このような日本人の感性が、茶道や武士道などを生み出したのである。だが、そのような独自の文化は日本だけでなく、多くの国にあるのではなかろうか。どの国もそれぞれ独自の文化を持っている。日本だけが特殊とは言えないはずである。

 文化というものは、ほとんどが混合によってできている。日本は、縄文、弥生の時代から、米作を、そしてその後は漢字や仏教までも、外国から取り入れてきた。また、日本はシルクロードの東の終着点であり、ペルシャの文物も多く日本に入ってきているという。日本独自と思われるみこしなどの祭りの道具立ても、ほとんどがペルシャや中国に起源を持つものだと聞いたことがある。それなのに、自分たちは特殊だと決めつけていたのでは、国際社会で孤立するばかりである。しかも、不必要に優越感や劣等感を持つことにつながる。どの国にも、特殊な面と、他の国と共通する面がある。それは特殊なことではない。それをふまえた上で、外国との共通点を求めて話し合い、時には自分たちの文化を守るために対等の立場で議論するべきなのだ。

 以上述べたとおり、私は、「日本文化は世界の中でも他に類例を見ない特殊で独特の文化である」という考え方に反対である。この考え方は、孤立を深め、無意味な優越感を持たせる危険な考え方である。
スポンサーサイト
マツダCX-5の電子取扱説明書(6)
 マツダCX-5の電子取扱説明書が、マニュアルコンテストで優秀賞を受賞したらしい。マニュアル作成の専門家(自動車業界の方ではない)から、「どう思いますか?」と聞かれたので、チェックしてみた。その第六弾。引き続き、自動巡航機能の説明の部分から。

 自動巡航機能(MRCC)の起動と設定は、下図のように説明されている。

 速度の設定までの説明は分かる。最初の「ONする」の説明で、MODEスイッチでONとなる。これで、速度や車間の設定ができるようになる。次の「速度を設定する」の説明で、指定速度で定速走行になることも分かる。

 しかし、ここで示されている表に、なぜ「追従走行時」のディスプレイ表示が示されているのか?まだ、「追従走行時」の説明はされていない。だから、追従走行の設定の仕方も分からない。それなのに、「追従走行時」のディスプレイ表示を示されても困る。

 さらに、どうすれば追従走行になるのか、探しても載っていない。取扱説明書は、次に「追従走行時の車間距離を設定する」となっている。つまり、「追従走行時」の車間の設定だ。そもそもの「追従走行時」への移行が載っていない。

 なんと、「知識を開く」をクリックすると、「追従走行時」に移行する説明(下記引用)が表示される。クリックしないと隠れたままだ。
---引用---
定速走行中に前方車を検知すると、ディスプレイに前方車表示が表示され、追従走行を行います。また、前方車を検知しなくなったときは、ディスプレイの前方車表示が消灯し、定速走行に切り替わります。
---引用---

 なぜ、こんな大事な情報が目立つところに書かれていない。
cx5_MRCC_on.jpg

マツダCX-5の電子取扱説明書(5)
 マツダCX-5の電子取扱説明書が、マニュアルコンテストで優秀賞を受賞したらしい。マニュアル作成の専門家(自動車業界の方ではない)から、「どう思いますか?」と聞かれたので、チェックしてみた。その第五弾。引き続き、自動巡航機能の説明の部分から。

 今日は注意表示。自動巡航機能の説明は、下図のような注意表示が、説明部分の最初のほうに記載されている。

 取扱説明する場合、注意表示には3種類ある。その差は明確に決められている。
危険:指示を守らないと死亡するか重傷負う可能性が極めて高い
警告:指示を守らないと死亡するか重傷負う可能性がある
注意:指示を守らないと軽傷を負うか、製品が壊れることがある

 この取扱説明書では、警告と注意の差を意識していないのではないだろうか?次の3つ(注意表示部分から引用)は、なぜ1つは警告で、残り2つは注意なのか?
警告:マツダ・レーダー・クルーズ・コントロール (全車速追従機能付) (MRCC (全車速追従機能付)) を使用しないときは、安全のためマツダ・レーダー・クルーズ・コントロール (全車速追従機能付) (MRCC (全車速追従機能付)) をOFFにする
注意:けん引されるとき、または、他の車をけん引するときは誤って作動しないようにシステムをOFFにしてください。
注意:シャシーローラーを使用するときは、シャシーローラー上を走行中に誤って作動させないよう、システムをOFFにしてください。

 そもそも、上記の警告は、その下2つの注意を含むのではないだろうか?注意表示は、たくさん書けばよいのではない。たくさん書けば、大事な注意が、どうでもよい注意に埋もれる。また、文章量が増えると、読み手が読まなくなる。このケースは、「MRCC を使わないときは、OFFに設定してください」の1つで十分だろう。

 言葉の使い方に一貫性がない。警告では「マツダ・レーダー・クルーズ・コントロール (全車速追従機能付) (MRCC (全車速追従機能付)) 」という長いバカげた表記を使っているが、注意では同じ機能を「システム」と呼んでいる。すべて、「MRCC」あるいは「MRCCシステム」でよいだろう。長い文は、ユーザーが読まなくなるので論外。言葉を不用意に変えるのも、混乱を招く可能性があるので避けるべきだ。

 さらに、自動巡航機能の説明の部分を読み進むと、最初に記載された注意とは、別の注意が記載されている。しかも、警告だ。なぜ、最初に書かない。ユーザーがマニュアルを、端から端まで読むと思っているのだろうか?大事なことは最初に書くのだ。
---引用---
警告
安全運転に心がける
定速走行機能使用中は追従走行を行わないため、警報やブレーキ制御が作動しません。周囲の状況に応じてブレーキペダルを踏んで減速するなど、前方車との車間距離を十分に確保し、安全運転を心がけてください。
---引用---

cx5_warning.jpg

マツダCX-5の電子取扱説明書(4)
 マツダCX-5の電子取扱説明書が、マニュアルコンテストで優秀賞を受賞したらしい。マニュアル作成の専門家(自動車業界の方ではない)から、「どう思いますか?」と聞かれたので、チェックしてみた。その第四弾。引き続き、自動巡航機能の説明の部分から。

 この自動巡航機能をONにする説明は、下図のように説明されている。

 操作の説明では、すべき操作と操作後の状況は分けるべきだ。一緒に述べれば文が長くなって分かりにくい。

---オリジナル引用---
MODEスイッチを1回押すと、マツダ・レーダー・クルーズ・コントロール (全車速追従機能付) (MRCC (全車速追従機能付)) がONになり、マツダ・レーダー・クルーズ・コントロール (全車速追従機能付) (MRCC (全車速追従機能付)) メイン表示 (白) が点灯し、速度の設定や追従走行時の車間距離の設定ができる状態になります。
また同時に、マツダ・レーダー・クルーズ・コントロール (全車速追従機能付) (MRCC (全車速追従機能付)) ディスプレイ表示がマルチインフォメーションディスプレイ、およびアクティブ・ドライビング・ディスプレイに表示されます。
---オリジナル引用---

---改善案---
MRCCをONにするには、MODEスイッチを1回押します。
 ・MRCCメイン表示(〇〇参照)が、マルチインフォメーションディスプレイ、およびアクティブ・ドライビング・ディスプレイに白く点灯します。
 ・速度の設定や追従走行時の車間距離の設定ができる状態になります。設定方法は、下記の〇〇を参照してください。
---改善案---

 添えられている図もダメだ。MODEスイッチは図で分かので、これはOK。MRCCメイン表示が分からない。スイッチを示した図の下にある図がMRCCメイン表示なのだが、説明がないので分からない。まして、「メイン表示 (白) が点灯」とあるのに、図は黒で表示されている。マルチインフォメーションディスプレイとアクティブ・ドライビング・ディスプレイが何かは、読み手が知っているとしても、そのディスプレイにMRCCメイン表示がどう表示されるのかが分からない。なぜ、マルチインフォメーションディスプレイとアクティブ・ドライビング・ディスプレイにMRCCメイン表示が表示される図を載せないのだろう。(実は、その図は、この説明のずっと前に載っている。アホか)

CX5_manual4

マツダCX-5の電子取扱説明書(3)
 マツダCX-5の電子取扱説明書が、マニュアルコンテストで優秀賞を受賞したらしい。マニュアル作成の専門家(自動車業界の方ではない)から、「どう思いますか?」と聞かれたので、チェックしてみた。その第三弾。引き続き、自動巡航機能の説明の部分から。

 この自動巡航機能の説明は、以下のような見出しで構成されている。
・マツダ・レーダー・クルーズ・コントロール (全車速追従機能付) (MRCC (全車速追従機能付)) ディスプレイ表示
・接近警報
・設定するとき
  ONする
  速度を設定する
  追従走行時の車間距離を設定する
  設定速度を変更する
  一時的に解除されるとき
  OFFする
  再発進するとき
  発進報知
・マツダ・レーダー・クルーズ・コントロール (全車速追従機能付) (MRCC (全車速追従機能付)) 警報
・定速走行機能
  定速走行機能に切り替えるとき
  速度を設定するとき
  設定速度を上げるとき
  設定速度を下げるとき
  解除するとき

 この見出しを見ても無茶苦茶。ロジックが縦にも横にもなっていない。ただ、思いついたことを思いついた順に書いたような印象。あまりに並列感に乏しい。

 この見出しから考えられる疑問を、思いついた順に書きましょう。
・「接近警報」と「マツダ・レーダー・クルーズ・コントロール (全車速追従機能付) (MRCC (全車速追従機能付)) 警報」は違うのか?
・前半にある「速度を設定する」と後半の「速度を設定するとき」は違うのか?
・前半にある「追従走行時の車間距離を設定する」と後半の「定速走行機能に切り替えるとき」は違うのか?
・「設定速度を変更する」と「設定速度を上げるとき」、「設定速度を下げるとき」は違うのか?
・「定速走行機能」という項目があるのに、「追従走行」という項目はなぜないのか?

 例えば、以下のような見出しなら分かります。
・MRCCを設定する
  定速走行
  追従走行
・走行中に設定を変更する
  速度の変更
  車間距離の変更
・MRCC設定中の警告
・MRCCの自動解除
・MRCCを解除する
・MRCCを再稼働する


プロフィール

ロジカルスキル研究所代表

Author:ロジカルスキル研究所代表
ロジカルスキルを企業研修で指導しています。主な講座は、ロジカルライティング、ロジカルネゴシエーション、ディベート、ロジカルプレゼンテーション、英文テクニカルライティングです。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム