FC2ブログ
Logical Skill の深い話
Logical Skill (特にLogical Writing) について、著書(たとえば、「論理が伝わる世界標準の書く技術」講談社)には書かなかった、より深い話を紹介します。
03 | 2019/04 | 05
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

考察の書き方
昨日紹介した考察の書き方、特に以下の説明について、より具体的に検討を加えます。

---
 例として、AとBに相関関係を見いだした論文で説明します。AとBに相関関係があることは結果(データおよびその加工)です。「Aする人は、Cなので、Bする傾向が高い」が結論、つまり結果が何を意味するかです。しかし、「Cなので」とは言い切れません。「Dなので」という理由も考えられます。相関関係から因果関係を導くには、第3の因子の排除や因果逆転の可能性の排除も必要です(ここでは説明省略)。相関関係から、思いつきのように因果を導いてはいけません。
---

 具体例として、朝食摂取と学力の関係で検討します。
Research Question:朝食を食べるかどうかは、学力に影響を及ぼすのか
仮説:朝食を食べると、脳の活動が活性化されるので勉強に集中できる。その結果、学力が向上する。
結論:仮説は正しい

 朝食摂取と学力の間には相関関係があります(下図参照)。引用は農林水産省のホームページ(http://www.maff.go.jp/j/seisan/kakou/mezamasi/about/databox.html)です(現在、この図は削除されている)

 しかし、この相関関係(=結果)から、仮説(=結論)は論証できません。つまり、「朝食を食べると、脳の活動が活性化されるので勉強に集中できる。その結果、学力が向上する。」とは言えません。なぜなら、「朝食を食べる」と「学力が向上する」を結びつける理由が、「脳の活動が活性化されるので勉強に集中できる」以外に考えられるからです。

 この相関関係から、仮説を論証するには第3の因子を排除しなければなりません。第3の因子とは、相関関係のある2つの事象それぞれに、因果と相関を持つ可能性のある事象です。この第3の因子があると、因果のない2つの事象に相関関係が見えてしまいます。第3の因子を排除して初めて、相関関係のある2つの事象に因果関係があると認められます。

 今回の例では、第3の因子1として、「親の育児熱心度」が考えられます。親が育児熱心なので、朝食をしっかり準備する。親が育児熱心なので、家庭学習もしっかりやる。こうなると、「朝食を食べる」と「学力が向上する」に因果関係はなくても、この2つの事象に相関関係が見えてしまいます。

 また、第3の因子2として、「睡眠時間」が考えられます。睡眠不足だから、朝食を食べる時間を惜しんで寝る。睡眠不足だから、授業を聞いていられない。こうなると、「朝食を食べる」と「学力が向上する」に因果関係はなくても、この2つの事象に相関関係が見えてしまいます。

 そこで、この第3の因子を排除したデータが必要です。たとえば、「親の育児熱心度」と「朝食の準備」には相関関係がないというデータです。「親の育児熱心度」と「家庭学習」には相関関係がないというデータです。「睡眠時間」と「朝食を食べる」には相関関係がないというデータです。「睡眠時間」と「授業態度」には相関関係がないというデータです。

 考察では、朝食摂取と学力の相関関係を示すデータと、第3の因子を排除したデータで仮説を論証していきます。つまり、朝食摂取と学力の相関関係を示すデータで、この2つの事象に因果関係がある可能性を示します。次に、第3の因子を排除したデータで、「朝食を食べると、脳の活動が活性化されるので勉強に集中できる。その結果、学力が向上する。」以外の因果関係をつぶします。その結果、仮説が論証できたと説明するのです。この説明が、「結果が何を意味するかの考えを述べる」ということです。

 ということは、データをとるときには、考察でどう論証するかも、あらかじめ考慮しなければなりません。朝食摂取と学力の相関関係を示すデータだけをとったのでは、後で考察ができません。考察のことを考えると、第3の因子を排除したデータも同時にとっておく必要があります。論文を書き始めてからでは、もはやデータはとれないことが多いです。

 ちなみに、私は、「朝食を食べると、脳の活動が活性化されるので勉強に集中できる。その結果、学力が向上する。」なんてこれっぱかりも思っていません。この、朝食摂取と学力の相関関係から間違った因果関係を導き出すことは、論理的思考を深く勉強した人であれば、どこかで目にしたことのある話です。しかし、未だにこの間違った因果関係が主張され続けています。ちなみに、私の子供たちが通った学校でも、この間違った因果関係から「朝食を食べさせてから登校させてください」と言われました。

朝食と学力

スポンサーサイト
考察とは
 考察は、結果から結論を導く(=論証する)パートです。つまり、この結果を持って、なぜ、この結論を導き出せるかを論証するパートです。たとえば、相関関係があるという結果から、なぜ、そこに主張するような因果関係があるかを説明するパートです。単に、結論から考えられることを述べるのではなく、その考えを論証するパートです。

 言い換えるなら、Reserch Question に対する答え(=仮説=結論)を、データ(=結果)をもとに論証するパートです。多くの場合、結果から唯一の結論は導けません。結果だけから考えると、複数の結論の可能性が残ります。そこで、考察によって、1つの結論を導くのです。

 例として、新手法が既存手法より優れていると訴える論文で説明します。2つの手法を3つの観点で比較した結果、既存手法が2つの点で優れていたとします。しかし、この2勝1敗という結果から、2勝した側の勝ちという唯一の結論は導けません。内容によっては1勝した側の勝ちという結論もあり得ます。そこで、2勝1敗という結果から、どちらの勝ちかを論証するのが考察です。

 ところが、多くの論文で考察での論証がないのです。結果が何を意味するか(=結論)を一方的に断じて終わりです。なぜ、そう意味するといえるかの論証がないのです。なので結論に対する納得感が弱いです。論証がないので、考察の内容が薄いばかりか、結論と同じになってしまっています。

 例として、AとBに相関関係を見いだした論文で説明します。AとBに相関関係があることは結果(データおよびその加工)です。「Aする人は、Cなので、Bする傾向が高い」が結論、つまり結果が何を意味するかです。しかし、「Cなので」とは言い切れません。「Dなので」という理由も考えられます。相関関係から因果関係を導くには、第3の因子の排除や因果逆転の可能性の排除も必要です(ここでは説明省略)。相関関係から、思いつきのように因果を導いてはいけません。

 ちなみに、技術論文などでは、結果がストレートに結論なので、考察が事実上不要な場合もあります。たとえば、青色発光ダイオードが実現できていなかったとき、材料や手法の工夫で青色に発光するダイオードができたとします。青色に発光するという結果が、そのままこの材料や手法が有効であるという結論です。仮にその材料がいかに高価であろうが、その手法がいかに複雑でコスト高であろうが関係ありません。論証するまでもなく、青色に発光させることが、すべてを凌駕するからです。

 考察に対する誤解が多いのは、考察とは何かを説明する文に問題があると思います。多くの説明で、「結果が何を意味するかの考えを述べる」のように表記されています。この「述べる」がくせ者です。文字どおり、考えだけを述べて終わりにしてしまいます。「結果が何を意味するかの考えを論証する」とすれば、より正しい理解につながるかと思います。
図表番号の参照
 図表番号を参照するとき、文頭側に示しますか?文末側に示しますか?私は、文末側です。

 実は、ライティングの本で、このことに言及しているのを、私は見たことがありません。テクニカル・ライティングの世界では、重要ではないとして無視されているのかもしれません。あるいは、どこで述べるかは、習慣上の常識で説明する必要がないのかもしれません。

 私は、文末で示します。なぜなら、主張から根拠の流れが、テクニカル・ライティングでは常識だからです。つまり、まずポイントを述べ、それからデータです。図表はデータなので、主張の後です。図表で伝えたいことを先に述べ、それからデータである図表を示すべきと考えます。

 私は自分の意見を論証するために、このことを調べたことがあります。本には記載が見つからないので、実際はどう書かれているかを調べたのです。調査は、以下の2種類。
 1.学会論文(英語圏)はどちらで書かれているか
 2.テクニカル・ライティングの教科書ではどちらで書かれているか

 学会論文の実績を調べたところ、約10倍の頻度で文末派でした。科学雑誌のネイチャーの論文を数百件をテキストデータとして持っていました。そこで、このデータをプログラム処理して調査しました。その結果、圧倒的に文末派でした。

 テクニカル・ライティングの教科書を目視でチェックした結果、文末での表示しかありませんでした。調査したのは数冊ですから統計的な信頼はありません。しかし、ライティングの専門家が、文末にしか図表を持ち出さないなら、かなりの信頼性はあると思います。

 さて、あなたはどちら派
蔵書の電子化
 私は、1,000冊以上のビジネス書を、ほぼ全て電子化している。大変な作業だが、メリットは大きい。

 数年前、意を決して電子化を始めた。本をカッターで裁断し、スキャナで電子データ(PDF)にする。さらに、OCRで文字情報を追加した上で圧縮する。コツコツと数ヶ月かけて、蔵書を電子化した。

メリット1:
 検索できる。書籍内はもちろん、書籍間だって検索できる。あることを調べたいとき、キーワードで検索すれば、そのキーワードを本文中に持つ全ての本とページが特定できる。私は、このFacebookで人の本を引用することがあるのも、この検索機能のおかげだ。

メリット2:
 拡大して読める。私は、ビジネス書は原則、13インチのiPad proで読む。新書サイズもA4サイズになる。老眼鏡なしでも読める。

メリット3:
 持ち運べる。1,000冊以上が1枚の ICカードに収まる。全てをクラウドにもあげられる。いつでもどれでも読める。おかげで、読み直した本も多い。

メリット4:
 家のスペースが空く。1,000冊もあれば、本棚がいくらあっても足りない。私は、半間の本棚を1つ持っているだけだ。しかも、半分程度のスペースは、本以外を収納している。我が家は木造住宅だが、家の歪みや床抜けも心配せずにすむ。

メリット5:
 平面に表示できる。紙なら、あるページを開いた状態で置いておくのは難しい。開いたら手で押さえておく必要がある。電子化すればタブレットで表示できるので平面だ。教科書を開きながら、ノートを取ることもできる。

 さあ、あなたも蔵書を電子化しましょう!
図表はどこで参照する
 図表番号を参照するとき、文頭側に示しますか?文末側に示しますか?私は、文末側です。

 実は、ライティングの本で、このことに言及しているのを、私は見たことがありません。テクニカル・ライティングの世界では、重要ではないとして無視されているのかもしれません。あるいは、どこで述べるかは、習慣上の常識で説明する必要がないのかもしれません。

 私は、文末で示します。なぜなら、主張から根拠の流れが、テクニカル・ライティングでは常識だからです。つまり、まずポイントを述べ、それからデータです。図表はデータなので、主張の後です。図表で伝えたいことを先に述べ、それからデータである図表を示すべきと考えます。

 私は自分の意見を論証するために、このことを調べたことがあります。本には記載が見つからないので、実際はどう書かれているかを調べたのです。調査は、以下の2種類。
 1.学会論文(英語圏)はどちらで書かれているか
 2.テクニカル・ライティングの教科書ではどちらで書かれているか

 学会論文の実績を調べたところ、約10倍の頻度で文末派でした。科学雑誌のネイチャーの論文を数百件をテキストデータとして持っていました。そこで、このデータをプログラム処理して調査しました。その結果、圧倒的に文末派でした。

 テクニカル・ライティングの教科書を目視でチェックした結果、文末での表示しかありませんでした。調査したのは数冊ですから統計的な信頼はありません。しかし、ライティングの専門家が、文末にしか図表を持ち出さないなら、かなりの信頼性はあると思います。

 さて、あなたはどちら派


プロフィール

ロジカルスキル研究所代表

Author:ロジカルスキル研究所代表
ロジカルスキルを企業研修で指導しています。主な講座は、ロジカルライティング、ロジカルネゴシエーション、ディベート、ロジカルプレゼンテーション、英文テクニカルライティングです。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。